• ホーム
  • 更新情報
  • 骨董品の出張買取
  • 日々

HOME > 買取について > 洋画 > 須田剋太 買取

須田剋太 買取

「本物の古美術骨董の街、京都祇園」動画を再生する

当店が骨董品買取で高価買取できる理由

古美術街シンボルマーク|骨董品買取

当店は、約80軒の骨董品・古美術商が軒を連ね、京都市より歴史的保全地区に指定されている京都祇園縄手通りに面しております。

そのような土地柄、四季折々には、1日100名近くのお客様が、日本国内はもとより、世界各国よりご来店頂いております。また、全国より骨董品買取相談やご依頼も数多くいただいております。

店には常時、2000点以上の品物に価格表示し、小売販売しております。
お買取りの際、店頭で販売する価格を提示しご納得頂けるようにしています。
その価格と品物を、ホームページ上にも掲載致しております。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。
当店について詳しくは『古美術やかたのこだわり』をご覧ください。

須田剋太—すだこくた

須田剋太 略歴

須田剋太

明治39年(1906)5月1日〜平成2年(1990)7月14日 84才没。
本名は勝三郎。

埼玉県北足立郡吹上町(現・鴻巣市)で、須田代五郎の三男として生まれる。

旧制熊谷中学校を卒業後、浦和(現・さいたま市)に出て独学で油絵を学ぶ。

東京美術学校を4度受験するもののことごとく失敗し、一時は絵描きへの道を断念しかけるが、 写楽の浮世絵やゴッホの絵に出会い生涯画家となる決心をする。

昭和10年、光風会で初入選したのを皮切りに、翌36年に文展で初入選、39年には新文展で特選となるなど、 戦前から戦後にかけて官展で、特選3回、入選4回を果たし具象の油彩画家として地歩を固める。

しかし、関西に活動の地を移した後、昭和20年頃に抽象画家長谷川三郎と出会い、彼の理論に共鳴して抽象画に転向、 官展とも袂を分かち、以後約20年にわたって造型性に満ちた抽象画を描き続ける。

その間、ゲンビ展や国画会のほか、ブラジルやアメリカ、イタリアでの国際展などに出品を重ねるなど、内外から高い評価を受けた。

昭和46年から平成2年に亡くなるまで、「週刊朝日」で連載された司馬遼太郎の歴史紀行「街道をゆく」の挿絵を897回にわたって担当。
併せて具象画の制作も再開し、さらに書や陶へと情熱のおもむくままに多彩な作品を生み出した。

そして油彩やグワッシュの大胆な筆使いはもちろん、 包装紙などを貼り付けたコラージュを多用するなど独創性に満ちた作品で「剋太芸術」と呼ぶべき画業を確立。

作風は、力強く奔放なタッチによる生命力のある表現が異彩を放つ。

兵庫県文化賞、大阪文化賞受賞。

須田剋太 年表

昭和2年(1927) 埼玉県立熊谷中学校(旧制、現・埼玉県立熊谷高等学校)卒業。
ゴッホと写楽に傾倒、独学で絵を学ぶ。
光風会を中心に発表し、のち会員に推挙される。
昭和11年(1936) 文展で初入選。
昭和14年(1939) 文展で「読書する男」が特選。
昭和24年(1949) 抽象絵画の旗手長谷川三郎と出会い、国画会に入り抽象画の道へ進む。
昭和37年(1962) 西宮市民文化賞を受賞。
昭和58年(1983) 「街道をゆく」の挿絵で第14回講談社出版文化賞を受賞。

須田剋太 鑑定人・鑑定機関

鑑定機関 須田剋太鑑定委員会
住所 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-2-14
(秀山堂画廊内)
電話番号 03-3245-1340

須田剋太 買取について

古美術やかた概観

須田剋太の買取、買受いたしております。

当店が販売し終えた品々は、お客様個人の品物と考えており、その為、写真や価格は直ちに削除し、売却済にしております。

このコーナーでは、今まで当店が販売や買取をさせていただいた品々の一部をご参考までにご紹介させていただいております。

創業以来“京都の町家のお客様より直接買受た品物”を仕入れの柱として営業しており、 鑑定・買取を多数経験し、数々の競り市やオークションに参加し、 長年の実績と確かな専門知識で、数多くの品々を取り扱って、現在に至っております。

京都美術商協同組合会員
大阪美術商協同組合会員
鴨東古美術會会員
京都古書組合会員
東京古書組合会員

古美術やかた主人 敬白


お問い合わせ・買取のご相談

商品に関するお問い合わせや買取のご相談は、インターネット・お電話などでお気軽にどうぞ!買取のご相談は定休日も含めて毎日AM9:00〜PM9:00まで受け付けております。

メールにて画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 yakata-@mb.infoweb.ne.jp
までお願いいたします。(メールソフトが起動します)

買取した品物のご紹介

骨董品買取で、茶道具と一緒に床の間の引手を買取りました。  2017.10.20
茶道具買取

販売価格 60,000円
写真9枚掲載、ご覧下さい。
平成29年10月20日

茶道具買取で、伺いましたが、綺麗な七宝焼の引手があり、買取りさせて頂きました。
戸袋用の七宝焼で出来た引手で、四枚一組で買取りさせて頂きました。
普通は七宝焼の部分にヒビや傷があるのが多く、この品物は保存状態も良く、買取りさせて頂きました。

骨董品買取で、堆朱の卓を買取りました。 2017.10.19
茶道具買取

販売価格 250,000円
写真16枚掲載、ご覧下さい。
平成29年10月19日

木製で、その上に堆朱で丁寧に倶利の模様が彫られております。
倶利の模様を見れば分かりますが、堆朱の塗りが幾重にも塗られており、昔の職人技が冴える逸品です。
茶道具と一緒に買取りさせて頂きましたが、殆どの品物が保存状態も良く、高価買取させて頂く事が出来ました。

お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。

茶道具買取で、鉢に使われていた伊部焼を買取りました。  2017.10.18
茶道具買取

販売価格 55,000円
写真8枚掲載、ご覧下さい。
平成29年10月18日

茶道具買取で、食籠や鉢の代わりに使われていた伊部焼のお皿を買取りました。
岡山県まで茶道具買取で出張させて頂き、備前焼と一緒に買取りさせて頂きました。
古備前の焼物なら高価な品物ですが、この作品は伊部焼でこのような価格になりました。
古備前の窯印のある古い作品は、買取価格が数百万円の陶器もあります。

茶道具買取で、二代 秦蔵六の錫茶托を買取りました。 2017.10.17
茶道具買取

販売価格 350,000円
写真39枚掲載、ご覧下さい。
平成29年10月17日

骨董品買取で、煎茶道具の二代秦蔵六の茶托を買取りました。
茶道具の中でも煎茶道具は人気があり、錫製の煎茶道具は一番の人気です。
この作品には、絵も彫ってあり、高価買取させて頂きました。
このような昔の煎茶道具で錫製の作品は、保存状態が良ければ高価買取させて頂きます。

お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。

骨董品買取で文鎮で、かたつむりの型をした作品を買取りました。 2017.10.16
茶道具買取

販売価格 180,000円
写真24枚掲載、ご覧下さい。
平成29年10月16日

面白い文鎮で、かたつむりの型をしています。
型が素晴らしく、さすが大島如雲作と思わせます。
最近では鋳金家の作品が人気があり、日本の昔の刀装具甲冑に見られるような素晴らしい彫金細工や金工細工に人気があります。
この作品は、共箱で保存状態も良く、茶道具も一緒に買取りましたが、先に紹介させて頂きます。
このような金工細工や彫金細工の素晴らしい作品は、高価買取させて頂きます。

以前の品物はこちら

洋画 取り扱い作家一覧

日本画 取り扱い作家一覧


墨跡・古筆 取り扱い作家一覧


美術品・工芸品 取り扱い作家一覧







出張買取地域について

買取は、日本全国より行っており、各地のお客様のご連絡をお待ちしております。
今まで当店が出張買取をさせていただいた地域をご紹介いたします。

西日本では、関西地方の大阪、京都府、滋賀県奈良県和歌山県兵庫県から、中国四国地方の岡山県鳥取県島根県広島県愛媛県香川県徳島県高知県その他の地域で出張買取いたします。

東日本では、東京をはじめ関東地方の、神奈川県、から中心地の横浜埼玉県千葉県、東海地方の愛知県、から中心地の名古屋岐阜県静岡県三重県。中部北陸地方の新潟県富山県石川県福井県、その他の地域で出張買取いたします。

買取 取り扱い一覧

ご参考までに当店がこれまでに販売や買取させて頂いた品物の一部を紹介させて頂きます。

根付印籠銀瓶彫金細工・金工細工鉄瓶煎茶道具翡翠竹籠などのお品物、中国美術刀装具鍔・小柄・目貫など)をお買取りさせていただきました。

このページの先頭へ戻る
お問い合わせ・買取のご相談

商品に関するお問い合わせや買取のご相談は、インターネット・お電話などでお気軽にどうぞ!買取のご相談は定休日も含めて毎日AM9:00〜PM9:00まで受け付けております。

メールにて画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 yakata-@mb.infoweb.ne.jp
までお願いいたします。(メールソフトが起動します)


お問い合わせフォーム