• ホーム
  • 更新情報
  • 骨董品の出張買取
  • 日々

HOME > 買取について > 洋画 > 岡本太郎 買取

岡本太郎 買取

「本物の古美術骨董の街、京都祇園」動画を再生する

当店が骨董品買取で高価買取できる理由

古美術街シンボルマーク|骨董品買取

当店は、約80軒の骨董品・古美術商が軒を連ね、京都市より歴史的保全地区に指定されている京都祇園縄手通りに面しております。

そのような土地柄、四季折々には、1日100名近くのお客様が、日本国内はもとより、世界各国よりご来店頂いております。また、全国より骨董品買取相談やご依頼も数多くいただいております。

店には常時、2000点以上の品物に価格表示し、小売販売しております。
お買取りの際、店頭で販売する価格を提示しご納得頂けるようにしています。
その価格と品物を、ホームページ上にも掲載致しております。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。
当店について詳しくは『古美術やかたのこだわり』をご覧ください。

岡本太郎—おかもとたろう

岡本太郎 略歴

岡本太郎

明治44年(1911)2月26日〜平成8年(1996)1月7日 84才没。

母の実家のある神奈川県橘樹郡高津村二子(現・川崎市高津区二子)に生まれる。
父は漫画家の岡本一平、母は小説家の岡本かの子。

慶応幼稚舎、普通部をへて東京美術学校に入学するが、半年後、中退。

1929年に渡航後、40年までパリに住みソルボンヌ大学で文化人類学を学ぶ。 前衛芸術運動に参加する一方、パリ大学で哲学・民族学を学び、フランスの思想家ジョルジュ・バタイユらと交友。 38年、国際シュールレアリスム・パリ展に「傷ましき腕」出品。

戦後は二科展、日本アンデパンダン展等で活躍。相反するものを同一の画面に描く「対極主義」 を掲げたほか、「芸術はうまくであってはならない」などといった独自の理念をもとに創造性豊かな 作品を次々と発表した。

活動の分野は幅広く、1954年ヴェネチア・ビエンナーレに日本代表として出品、 56年旧東京都庁舎に十一面の陶板レリーフ(91年解体)を制作、また東京オリンピック公式 参加記念メダルなど、数多くのモニュメントやデザイン等を制作したことで知られる。

なかでも1970年大阪万国博覧会の「太陽の塔」は国内外の注目を集め、時代を象徴する記念碑的作品となった。

1996年、東京で逝去。
近年では、長く所在不明であったメキシコのホテル壁画「明日の神話」が発見、修復され話題を集めている。

「芸術は爆発だ!」という名言で知られる、戦後日本で活躍した最も偉大な現代美術家。

岡本太郎 年表

昭和4年(1929) 東京美術学校(現・東京芸術大学)洋画科入学、半年後中退。
父のロンドン軍縮会議取材に伴い、渡欧。
その後、ソルボンヌ大学哲学科で哲学・心理学・民俗学を学ぶ。
昭和15年(1940) パリ陥落に伴い帰国
昭和17年(1942) 海外に在住していたために延期されていた徴兵検査を31歳にして受け、甲種合格。
召集され、中国にて自動車隊の輜重兵として軍隊生活を送る。
昭和21年(1946) 復員、東京都世田谷区上野毛にアトリエを構える。
昭和23年(1948) 花田清輝、埴谷雄高らと「夜の会」結成。
昭和29年(1954) アトリエを青山に移し、現代芸術研究所を設立、「今日の芸術」初版刊行。
昭和31年(1956) 旧東京都庁舎に「日の壁」「月の壁」などの陶板レリーフを制作。
昭和45年(1970) 代表作となる大阪の日本万国博覧会のシンボル「太陽の塔」制作。
平成11年(1999) 川崎市岡本太郎美術館開館。

岡本太郎 作品展示

川崎市岡本太郎美術館

〒214-0032 川崎市多摩区枡形7-1-5
Tel:044-900-9898

岡本太郎記念館

〒107-0062 東京都港区南青山6-1-19
Tel:03-3406-0801

岡本太郎 買取について

古美術やかた概観

岡本太郎の買取、買受いたしております。

当店が販売し終えた品々は、お客様個人の品物と考えており、その為、写真や価格は直ちに削除し、売却済にしております。

このコーナーでは、今まで当店が販売や買取をさせていただいた品々の一部をご参考までにご紹介させていただいております。

創業以来“京都の町家のお客様より直接買受た品物”を仕入れの柱として営業しており、 鑑定・買取を多数経験し、数々の競り市やオークションに参加し、 長年の実績と確かな専門知識で、数多くの品々を取り扱って、現在に至っております。

京都美術商協同組合会員
大阪美術商協同組合会員
鴨東古美術會会員
京都古書組合会員
東京古書組合会員

古美術やかた主人 敬白


お問い合わせ・買取のご相談

商品に関するお問い合わせや買取のご相談は、インターネット・お電話などでお気軽にどうぞ!買取のご相談は定休日も含めて毎日AM9:00〜PM9:00まで受け付けております。

メールにて画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 yakata-@mb.infoweb.ne.jp
までお願いいたします。(メールソフトが起動します)

買取した品物のご紹介

骨董品買取で、茶箪笥の引手を買取りました。 2017.12.14
茶道具買取

販売価格 40,000円
写真11枚掲載、ご覧下さい。
平成29年12月14日

骨董品買取で、茶道具を入れてあった茶箪笥の引手の金具を買取りました。
保存状態も良く、昔の職人が手作りで作った金具です。
時代的には、江戸末期頃に作られた逸品です。

お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。

滋賀県のお客様より骨董品買取で、古染付の皿を買取りました。 2017.12.13
茶道具買取

販売価格 150,000円
写真17枚掲載、ご覧下さい。
平成29年12月13日

骨董品買取で、いろいろな陶磁器を滋賀県のお客様より、買取りさせて頂きました。
その中でも、中国の焼き物で、明末期頃の古染付の皿を紹介します。
綺麗な模様で状態の良い品物ですが、手作りの為、少し変形しています。

骨董品買取で、茶道具の紹美栄祐の銀瓶を買取りました。 2017.12.12
茶道具買取

販売価格 1,300,000円
写真31枚掲載、ご覧下さい。
平成29年12月12日

骨董品買取で、茶道具の銀瓶を買取りました。
純銀製ですが、取っ手は鉄で出来ております。
作者は紹美栄祐で、明治時代の人で、金工作品を作れば日本の名工と言われた彫金細工師です。
万国博覧会で銀牌や金賞等、多くの授章をされています。
共箱で状態も良く、取っ手も鉄で出来ており、素晴らしい作品です。

骨董品買取で、茶道具の松蒔絵の平棗を買取りました。 2017.12.11
茶道具買取

販売価格 250,000円
写真23枚掲載、ご覧下さい。
平成29年12月11日

骨董品買取で茶道具の平を買取りさせて頂きました。
非常に丁寧に蒔絵が施され、内側にも梨地蒔絵が丁寧に施されております。
時代は大正時代頃で、昔の職人技が冴える素晴らしい逸品です。
裏千家 十四代 淡々斎書付が付いております。
保存状態も良く、傷んでいる所はありません。

お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。

骨董品買取で、生駒製の純銀の小箱を買取りました。 2017.12.10
茶道具買取

販売価格 200,000円
写真16枚掲載、ご覧下さい。
平成29年12月10日

純銀の小箱で、昔の職人技が素晴らしく、山元春挙の松の絵が彫られております。
大正時代頃の作品で、在銘ですが作者についてはよく分かりません。
昔は、純銀の金工作品が多くありました。
このような細工の良い金工作品は、高価買取させて頂きます。

以前の品物はこちら

洋画 取り扱い作家一覧

日本画 取り扱い作家一覧


墨跡・古筆 取り扱い作家一覧


美術品・工芸品 取り扱い作家一覧







出張買取地域について

買取は、日本全国より行っており、各地のお客様のご連絡をお待ちしております。
今まで当店が出張買取をさせていただいた地域をご紹介いたします。

西日本では、関西地方の大阪、京都府、滋賀県奈良県和歌山県兵庫県から、中国四国地方の岡山県鳥取県島根県広島県愛媛県香川県徳島県高知県その他の地域で出張買取いたします。

東日本では、東京をはじめ関東地方の、神奈川県、から中心地の横浜埼玉県千葉県、東海地方の愛知県、から中心地の名古屋岐阜県静岡県三重県。中部北陸地方の新潟県富山県石川県福井県、その他の地域で出張買取いたします。

買取 取り扱い一覧

ご参考までに当店がこれまでに販売や買取させて頂いた品物の一部を紹介させて頂きます。

根付印籠銀瓶彫金細工・金工細工鉄瓶煎茶道具翡翠竹籠などのお品物、中国美術刀装具鍔・小柄・目貫など)をお買取りさせていただきました。

このページの先頭へ戻る
お問い合わせ・買取のご相談

商品に関するお問い合わせや買取のご相談は、インターネット・お電話などでお気軽にどうぞ!買取のご相談は定休日も含めて毎日AM9:00〜PM9:00まで受け付けております。

メールにて画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 yakata-@mb.infoweb.ne.jp
までお願いいたします。(メールソフトが起動します)


お問い合わせフォーム