• ホーム
  • 更新情報
  • 骨董品の出張買取
  • 日々

HOME > 買取について > 日本画 > 伊東深水 買取

伊東深水 買取

「本物の古美術骨董の街、京都祇園」動画を再生する

当店が骨董品買取で高価買取できる理由

古美術街シンボルマーク|骨董品買取

当店は、約80軒の骨董品・古美術商が軒を連ね、京都市より歴史的保全地区に指定されている京都祇園縄手通りに面しております。

そのような土地柄、四季折々には、1日100名近くのお客様が、日本国内はもとより、世界各国よりご来店頂いております。また、全国より骨董品買取相談やご依頼も数多くいただいております。

店には常時、2000点以上の品物に価格表示し、小売販売しております。
お買取りの際、店頭で販売する価格を提示しご納得頂けるようにしています。
その価格と品物を、ホームページ上にも掲載致しております。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。
当店について詳しくは『古美術やかたのこだわり』をご覧ください。

伊東深水—いとうしんすい

伊東深水の略歴

伊東深水

明治31年(1898)2月4日〜昭和47年(1972)5月8日 74才没。

東京深川生まれ。

小学校3年で中退、以後看板屋に奉公し住み込みで働く職工となり東京印刷の活字工になる。

日本画家の中山秋湖に日本画を習う。

鏑木清方へ入門。
「深水」の号を与えられ、伊東深水となる。
夜間学校で苦学しながらも精進する 。

日本画独特のやわらかな表現と、鋭い線画による美人画が得意。

芸術性の高い画境を築く。日展顧問、芸術院会員。
戦後には多くの作品が複製版画として頒布される。

伊東深水、鏑木清方、上村松園は美人画の三巨匠と呼ばれている。

1970年勲三等、旭日大綬章授章。

本妻の長男は画家の深田深氷。
女優の朝丘雪路は婚外の子。

伊東深水 年表

明治31年(1898) 東京深川に生まれる。
明治40年(1907) 小学校3年で中退。以後看板屋に奉公し住み込みで働く。
明治41年(1908) 職工となり東京印刷の活字工になる。日本画家の中山秋湖に日本画を習う。
明治43年(1910) 第10回巽画会展速水御舟「小春」に深く感動し日本画家の道を決意する。
明治44年(1911) 結成素明の紹介をえて鏑木清方へ入門。
生地深川の「深」と清方の清から偏の「水」をとり「深水」の号を与えらる。
大正3年(1914) 再興第1回院展に『桟敷の女』が入選。東京印刷を退社する。
大正4年(1915) 第9回文展に『十六の女』が初入選。
大正5年(1916) 川瀬巴水らと分業による新版画運動を推進。
浮世絵版画の系統をひく木版画会に大きな足跡を残した。
大正8年(1919) 本妻の好子と結婚し長男と二男をもうける。
昭和2年(1927) 大井町に深水画塾設立。帝展無監査となる。
昭和7年(1932) 人物画の再興を目指し山口蓬春らと「青々会」設立。
昭和14年(1939) 山川秀峰らと青衿会を結成。
昭和18年(1943) 召集され海軍報道班員として南方諸島へ派遣、外地で4,000枚のスケッチをする。
昭和20年(1945) 長野県小諸市に疎開。
昭和24年(1949) 鎌倉に転居。
昭和25年(1950) 青衿会が児玉希望の国風会と合同、日月社となる。
昭和33年(1958) 日本芸術院会員に就任。
昭和44年(1969) 日展顧問となる。
昭和45年(1970) 勲三等旭日中緩章を受賞。
昭和47年(1972) 癌により5月8日没 享年74歳。
同日、従四位に叙され銀杯を賜る。

伊東深水の鑑定人・伊東深水の鑑定機関

鑑定機関 東京美術倶楽部鑑定委員会
住所 〒105-0004 東京都港区新橋6-19-15
電話番号 03-3432-0191

伊東深水 買取について

古美術やかた概観

伊東深水の売却をお考えの方へ

伊東深水の買取、買受いたしております。
伊東深水の作品を売却される方は、お気軽にお問い合わせください。

当店が販売し終えた品々は、お客様個人の品物と考えており、その為、写真や価格は直ちに削除し、売却済にしております。伊東深水の作品もそのようにさせていただいております。

このコーナーでは、今まで当店が販売や買取をさせていただいた伊東深水についてご参考までにご紹介させていただいております。



京都美術商協同組合会員
大阪美術商協同組合会員
鴨東古美術會会員
京都古書組合会員
東京古書組合会員

古美術やかた主人 敬白


お問い合わせ・買取のご相談

商品に関するお問い合わせや買取のご相談は、インターネット・お電話などでお気軽にどうぞ!買取のご相談は定休日も含めて毎日AM9:00〜PM9:00まで受け付けております。

メールにて画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 yakata-@mb.infoweb.ne.jp
までお願いいたします。(メールソフトが起動します)

買取した品物のご紹介

茶室で使われていた鉄製の布目象嵌の香炉を買取りました。 2019.03.22
茶道具買取

販売価格 200,000円
写真27枚掲載、ご覧下さい。
平成31年3月22日

金工作品で鉄地に、金銀布目象嵌が施された香炉を買取りました。
茶室で使われており、茶道具買取依頼で買取りさせて頂きました。
陶芸作品の香炉より日本古来の刀剣や甲冑に見られるように、最近では金工作品の品物が人気があります。
作者は、上田浩史で、鹿島一谷や関谷四郎に師事した、金工作家。
写真5~7のように、三か所に模様があります。
菖蒲のデザインが面白く、上品な品物です。
写真18のような、布目象嵌が施されております。
採光の加減で白く光っておりますが、状態の良い作品で、未使用品です。

お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。
でなくても、茶道具や金工作品の売却は、古美術やかたにご相談下さい。

江戸末期の金工作品の銅器を買取りました。 2019.03.21
骨董品買取

販売価格 150,000円
写真21枚掲載、ご覧下さい。
平成31年3月21日

骨董品買取依頼があり、江戸末期の金工作品の銅器で出来た花入れを買取りました。
さすが江戸期の作品で、昔の職人技が生かされた逸品で高価買取させて頂きました。
写真でご覧のように、彫金が端正に施されており、流石在銘の作だと思われます。
在銘ですが、作者についてはよくわかりません。
このような出来の良い作品は現在ではなかなか見ることが出来ません。
綺麗な状態で傷んでいる箇所は有りません。
木の台が付いております。

お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。
日本の伝統技術が生かされた、金工作品の売却の折りには、古美術やかたにご相談下さいませ。

茶道具買取で、伊万里の菓子鉢を買取りました。  2019.03.20
茶道具買取

販売価格 15,000円
写真14枚掲載、ご覧下さい。
平成31年3月20日

古陶器の伊万里焼の買取をさせて頂きました。
茶道の菓子鉢として使われていた品物です。
時代は江戸後期頃のものだと思われます。
本来はナマス皿として使われていた品物ですが、茶道の菓子鉢として使われていました。
採光の加減で白く光っておりますが、綺麗な模様で上がりも良く、傷・割れ等無く、完品です。

お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。
でなくても、古陶器や伊万里、また李朝の売却は、古美術やかたにご相談下さい。

骨董品買取で金工作品の純銀の小箱を、買取りました。  2019.03.19
骨董品買取

販売価格 350,000円
写真21枚掲載、ご覧下さい。
平成31年3月19日

お店に来店され、数多くの金工作品を販売しているのを当店のホームページでご覧になり、このお店なら安心して売却できると素晴らしい金工作品をお持ち頂き、買取りさせて頂きました。
この作品は日本を代表する作り方で、象嵌細工や彫金細工が素晴らしく材質は純銀です。
時代は明治時代の頃のものだと思われ、藤の花の彫金細工が、綺麗に施されており、日本独自の文化の職人技が生かされた逸品です。
作者の銘が入っておりますが、詳しいことは分かりません。
採光の加減で白く光っておりますが、写真をご覧のように、状態の良い品物です。

お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。
日本の伝統技術が生かされた、金工作品の売却の折りには、古美術やかたにご相談下さいませ。

茶道具買取で、水指と刀装具の買取をさせて頂きました。  2019.03.18
茶道具買取

販売価格 15,000円
写真11枚掲載、ご覧下さい。
平成31年3月18日

水指は清水焼で、素晴らしい茶道具ですが、後日紹介させて頂きます。
今回は刀装具の紹介をさせて頂きます。
この刀装具は時代は江戸から明治にかけてのものだと思われます。
昔の職人技が生かされた作品で、はありませんが、ご覧のように作の良い目貫一対の逸品です。
ぶ厚い金具で作られており、重量感があります。

お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。
でなくても、面白い刀装具の売却は、古美術やかたにご相談下さい。

以前の品物はこちら

日本画 取り扱い作家一覧


このページの先頭へ戻る
お問い合わせ・買取のご相談

商品に関するお問い合わせや買取のご相談は、インターネット・お電話などでお気軽にどうぞ!買取のご相談は定休日も含めて毎日AM9:00〜PM9:00まで受け付けております。

メールにて画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 yakata-@mb.infoweb.ne.jp
までお願いいたします。(メールソフトが起動します)


お問い合わせフォーム