• ホーム
  • 更新情報
  • 骨董品の出張買取
  • 日々

HOME > 買取について > 墨跡・古筆 > 裏千家家元 買取

裏千家家元書 買取

「本物の古美術骨董の街、京都祇園」動画を再生する

当店が骨董品買取で高価買取できる理由

古美術街シンボルマーク|骨董品買取

当店は、約80軒の骨董品・古美術商が軒を連ね、京都市より歴史的保全地区に指定されている京都祇園縄手通りに面しております。

そのような土地柄、四季折々には、1日100名近くのお客様が、日本国内はもとより、世界各国よりご来店頂いております。また、全国より骨董品買取相談やご依頼も数多くいただいております。

店には常時、2000点以上の品物に価格表示し、小売販売しております。
お買取りの際、店頭で販売する価格を提示しご納得頂けるようにしています。
その価格と品物を、ホームページ上にも掲載致しております。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。
当店について詳しくは『古美術やかたのこだわり』をご覧ください。

裏千家家元

裏千家

裏千家は、茶道流派の一つで、「裏千家」の語は、家元とその家族らで構成される宗家を指すことも、「一般財団法人今日庵」などの法人組織を指すことも、弟子・門下生を含む流派組織を指すこともあります。茶道諸流派中最大の流派です。

裏千家の名称は、千利休からの家督を継いだ本家の表千家(不審菴)に対して、今日庵が通りからみて裏にあるためそのように言います。

「千家」といえば本来、本家の表千家のことであったが、裏千家の活躍もあり、近年になって分家である武者小路千家と併せて「三千家」というようになりました。

裏千家家元 歴代

千利休の没後、傍系の少庵(後妻の連子)の後を継いだ宗旦が京都に屋敷を構え、三男 宗左が紀州徳川家に茶頭として仕えたのち千家の家督を継いで本家となり表千家となりました。

その後、次男 宗守は武者小路千家を、四男 宗室は裏千家を興こしたのが三千家の始まりです。各家ともに家元は利休を初代として数えます。

裏千家の家元は四代である仙叟の諱「宗室」を受け継いでいます。

道号法諱 斎号 生没年 備考
利休宗易 抛筌斎 1522年-
1591年2月28日
利休忌3月28日
少庵宗淳
1546年-
1614年9月7日
利休の後妻宗恩の連れ子で女婿
元伯宗旦 咄々斎 1578年-
1658年12月19日
元叔・寒雲
仙叟宗室 臘月庵 1622年-
1697年1月23日
宗旦の末子
以後代々家督継承者は宗室を名乗る
常叟宗室 不休斎 1673年-
1704年5月14日
加賀藩・松山藩茶道指南初代
指南は幕末まで継続
泰叟宗室 六閑斎 1694年-
1726年8月28日
宗安と称した
竺叟宗室 最々斎 1709年-
1733年3月2日
表千家七代如心斎の弟
宗乾と称した
一燈宗室 又玄斎 1719年-
1771年2月2日
表千家七代如心斎および竺叟宗室の弟
石翁宗室 不見斎 1746年-
1801年9月26日
寒雲、玄室とも称した
柏叟宗室 認得斎 1770年-
1826年8月24日
夫人は松室宗江、秀でた茶人
十一 精中宗室 玄々斎 1810年-
1877年7月11日
三河国奥殿藩主大給松平乗友の子
十二 直叟玄室 又玄少斎 1852年-
1917年12月8日
京角倉家・角倉玄祐の子
十三 鉄中宗室 圓能斎 1872年-
1924年8月5日
対流軒・近代化に尽力
十四 碩叟宗室 無限斎 1893年-
1964年9月7日
襲名以前は玄句斎永世、玄句斎宗叔と称した
一般に淡々斎として知られている
十五 汎叟宗室 鵬雲斎 1923年-

襲名以前は宗興と称した
2002年に家元を譲り大宗匠「千玄室」と称する
十六 玄黙宗室 坐忘斎 1956年-

襲名以前は宗之と称した
当代

裏千家家元書 買取について

古美術やかた概観

三千家をはじめ京都には多くの家元があります。
各家元の直弟子の皆様方にもご来店頂いております。

当店は裏千家家元の書付の品々の買取、買受いたしております。

当店が販売し終えた品々は、お客様個人の品物と考えており、その為、写真や価格は直ちに削除し、売却済にしております。

このコーナーでは、今まで当店が販売や買取をさせていただいた品々の一部をご参考までにご紹介させていただいております。

創業以来“京都の町家のお客様より直接買受た品物”を仕入れの柱として営業しており、 鑑定・買取を多数経験し、数々の競り市やオークションに参加し、 長年の実績と確かな専門知識で、数多くの品々を取り扱って、現在に至っております。

京都美術商協同組合会員
大阪美術商協同組合会員
鴨東古美術會会員
京都古書組合会員
東京古書組合会員

古美術やかた主人 敬白


お問い合わせ・買取のご相談

商品に関するお問い合わせや買取のご相談は、インターネット・お電話などでお気軽にどうぞ!買取のご相談は定休日も含めて毎日AM9:00〜PM9:00まで受け付けております。

メールにて画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 yakata-@mb.infoweb.ne.jp
までお願いいたします。(メールソフトが起動します)

買取した品物のご紹介

鼠に打ち出の小槌の図、かんざしを買取りました。 2017.08.21
茶道具買取

販売価格 70,000円
写真7枚掲載、ご覧下さい。
平成29年8月21日

非常によくきれいなかんざしで、昔の職人技が冴える逸品です。
形も面白く、18金の刻印もあり、高価買取させて頂きました。
時代は江戸末から明治にかけての作品だと思われます。

地元京都のお客さんに、茶道具と一緒に木彫根付を買取りました。  2017.08.19
茶道具買取

販売価格 100.000円
写真17枚掲載、ご覧下さい。
平成29年8月19日

茶道具も一緒に買取りましたが、近年は根付の方が人気があり、根付を紹介させて頂きます。
木製で作られた根付ですが、人物の表情など丁寧に作られており、時代は江戸末頃だと思われます。
昔の職人技が素晴らしい作品です。

お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。

京都のお客様より、茶道具の染付扇香合を買取りました。 2017.08.17
茶道具買取

販売価格 30.000円
写真18枚掲載、ご覧下さい。
平成29年8月17日

地元京都のお客様がご来店頂きました。
綺麗な扇型の染付香合で、三代 三浦竹泉作品です。
共箱で状態の良い品物なので、お買取りさせて頂きました。

滋賀県のお客様より、いろいろな七宝焼引手をお買取りしました。  2017.08.15
茶道具買取

販売価格 35,000円
写真7枚掲載、ご覧下さい。
平成29年8月15日

滋賀県より来店頂き、いろいろな引手をお買取りしました。
まずは、戸袋用二枚一組ですが、外側の枠まで七宝焼で素晴らしい引手です。
昔の品物で、重量感があり、綺麗な作品で保存状態も良く、お買取りさせて頂きました。

お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。

茶道具の純銀製お盆を買取させて頂きました。  2017.08.13
茶道具買取

販売価格 25.000円
写真13枚掲載、ご覧下さい。
平成29年8月13日

福井県のお客様で、以前よりご来店頂き買取りしているお客様です。
呉杉堂の純銀青海盆を買取りました。
保存状態も良く、共箱が付いております。

以前の品物はこちら

美術品・工芸品 取り扱い作家一覧

家元


千家十職


陶芸


彫刻


彫金・金工


竹芸


その他


買取について

日本画 取り扱い作家一覧


洋画 取り扱い作家一覧


墨跡・古筆 取り扱い作家一覧


出張買取地域について

買取は、日本全国より行っており、各地のお客様のご連絡をお待ちしております。
今まで当店が出張買取をさせていただいた地域をご紹介いたします。

西日本では、関西地方の大阪京都滋賀県奈良県和歌山県兵庫県から、中国四国地方の岡山県鳥取県島根県広島県山口県愛媛県香川県徳島県高知県九州その他の地域で出張買取いたします。

東日本では、東京をはじめ関東地方の、神奈川県主に横浜埼玉県千葉県北海道、東北地方の秋田県岩手県山形県宮城県福島県、東海地方の愛知県主に名古屋岐阜県静岡県三重県。中部北陸地方の新潟県富山県石川県福井県、その他の地域で出張買取いたします。

買取 取り扱い一覧

ご参考までに当店がこれまでに販売や買取させて頂いた品物の一部を紹介させて頂きます。

根付・印籠買取、、銀瓶彫金細工・金工細工鉄瓶煎茶道具翡翠竹籠などのお品物、中国美術刀装具鍔・小柄・目貫など)をお買取りさせていただきました。

このページの先頭へ戻る
お問い合わせ・買取のご相談

商品に関するお問い合わせや買取のご相談は、インターネット・お電話などでお気軽にどうぞ!買取のご相談は定休日も含めて毎日AM9:00〜PM9:00まで受け付けております。

メールにて画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 yakata-@mb.infoweb.ne.jp
までお願いいたします。(メールソフトが起動します)


お問い合わせフォーム