• ホーム
  • 更新情報
  • 骨董品の出張買取
  • 日々

HOME > 買取について > 美術品・工芸品 > 黒田正玄 買取

黒田正玄 買取

「本物の古美術骨董の街、京都祇園」動画を再生する

当店が骨董品買取で高価買取できる理由

古美術街シンボルマーク|骨董品買取

当店は、約80軒の骨董品・古美術商が軒を連ね、京都市より歴史的保全地区に指定されている京都祇園縄手通りに面しております。

そのような土地柄、四季折々には、1日100名近くのお客様が、日本国内はもとより、世界各国よりご来店頂いております。また、全国より骨董品買取相談やご依頼も数多くいただいております。

店には常時、2000点以上の品物に価格表示し、小売販売しております。
お買取りの際、店頭で販売する価格を提示しご納得頂けるようにしています。
その価格と品物を、ホームページ上にも掲載致しております。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。
当店について詳しくは『古美術やかたのこだわり』をご覧ください。

黒田正玄—くろだせいげん

黒田正玄 略歴

黒田正玄

千家十職の一つで、竹細工・柄杓師を務める家が代々襲名している名称。
柄杓の他、台子、香合、花入など竹を使う茶道具を製作し、千家に納めてきた家系。

当代は13代。

初代正玄は、元々武士で丹羽長重に仕えていた。
しかし関ヶ原の戦い後、浪人となったために剃髪して大津に移り住み、 評判の竹細工師となった。
正玄は小堀遠州からの注文を受け、茶道界・江戸幕府とのつながりを作る。

以後明治維新に致るまで、歴代三千家、将軍の御用達柄杓師となる。

黒田正玄 歴代

初代 黒田正玄
天正6年〜承応2年
(1578〜1653)
字は七郎左衛門。越前国黒田郡生。
成長して、当地の当主である丹羽長重に仕えるが、関ヶ原の合戦で長重が西軍につき改易、七郎左衛門も浪人となる。
この時に剃髪して黒田正玄と号し、大津に移って竹細工の製造を始める。
豊臣秀吉に柄杓を納めて「天下一」と称されていた一阿彌という醒ヶ井の井戸守が、黒田正玄の柄杓づくりの師匠であったといわれる。
その後竹細工が評判を呼び、京に転居。
小堀遠州の元で茶を修行し、その推挙により江戸幕府御用達の柄杓師となる。
遠州は大名への仕官も薦めたが、それは固辞。また、大徳寺156世住持・江月宗玩の元に参禅していたことで、 千宗旦に紹介されて柄杓を納めるようになる。
隠居後は洛北・瓜生山の麓に住み、近所のよしみで石川丈山と親交を結ぶ。
現在も黒田家に掛かっているのれんの字は石川丈山の筆によるものと伝えられる。
二代 黒田正玄
寛永3年〜貞享4年
(1626〜1687)
初代の三男。諱は宗正。
27歳の時に家督相続。小堀遠州の推薦により徳川家光の御用柄杓師となる。
三代 黒田正玄
明暦5年〜享保2年
(1656〜1717)
二代の長男。初名は弥助。
徳川綱吉、表千家覚々斎、久田宗全の御用達を務める。
宝暦元年(1704)、隠居し正斎と名乗る。
享保2年、室町通今出川に転居。
四代 黒田正玄
元禄5年〜享保16年
(1692〜1731)
三代の長男。
13歳の若さで家督相続し、将軍家、三千家御用を務めるが、40歳で早世。
五代 黒田正玄
宝永5年〜安永7年
(1738〜1778)
四代に子供がいなかったため、二代の妻の実家である勝見五郎兵衛家から養子に迎えられる。幼名は才次郎。
徳川吉宗、表千家如心斎、裏千家又玄斎、武者小路千家直斎の御用を務める。
六代 黒田正玄
延享4年〜文化11年
(1747〜1814)
五代の長男。幼名は正次郎。字は弥吉。剃髪後は弄竹斎、玄堂。
上京の町年寄を務めるなど、京の町人の中でも重鎮であり、
柄杓師としては徳川家治、家斉、表千家、裏千家不見斎、武者小路千家一啜斎の御用を務める。
天明8年(1788年)、天明の大火に遭遇、家屋敷を失うが、他の千家十職がそれまでの家伝や資料なども失った家が多かったのに対し、 黒田家は倉だけは焼け残ったため、比較的古い資料を現代まで伝える。
七代 黒田正玄
明和5年〜文政2年
(1768〜1819)
六代の養子。字は弥三郎。後に弥吉。
47歳で家督相続。
養父に引き続き上京町年寄、及び徳川家斉、表千家了々斎、裏千家認得斎、武者小路千家好々斎の御用を務める。
八代 黒田正玄
文化6年〜明治2年
(1809〜1869)
七代の長男。幼名は熊吉。元服後は弥吉。
11歳の時、父の死により家督相続。
先代に引き続き将軍家、三千家御用達柄杓師を務める。
幕末動乱期の中、51歳で後継者を失い、明治維新によって大得意先の将軍家の消滅という悲劇に遭う。
九代 黒田正玄
天保8年(1837年)〜安政6年(1859年)10月20日(旧暦)
八代の長男。字は弥一郎。
修行中、父に先立って早世。
十代 黒田正玄
文政8年〜明治33年(1825〜1900)
八代の婿養子。初名は利助。
八代の弟子であり、既に結婚独立していたが、
九代の急死のため、急遽師匠の命により呼び戻されて後継者となる。
その時に妻子を離縁したといわれている。
明治2年、養父の死により家督相続するが、将軍家が無くなり、茶道も斜陽の時期を迎えるという困難の中、家業の維持に苦心。
明治14年、隠居し、明治33年に逝去。
遺言により黒田家の菩提寺ではなく修学院(現・京都市左京区)の実家の菩提寺に、筍型の墓石を築かれ、葬られる。
十一代 黒田正玄
明治2年〜明治44年
十代黒田正玄と八代黒田正玄の娘の間に生まれた長男。幼名は熊吉。
富岡鉄斎と親交があった。
表千家碌々斎、裏千家又?斎、武者小路千家一指斎の御用を務める。44歳で急死。
十二代 黒田正玄
明治39年〜昭和63年
十一代の長男。本名は久万吉。
父が死去したときまだ6歳だったため、叔父黒田常次郎と父の弟子上田定次郎に後見され、大正15年に家督相続する。
昭和18年に政府認定技術保存資格者、昭和51年4月28日紺綬褒章受賞。94歳で逝去。
十三代 黒田正玄
昭和11年〜
本名は正春。早稲田大学文学部卒。

黒田正玄 買取について

古美術やかた概観

黒田正玄の買取、買受いたしております。

当店が販売し終えた品々は、お客様個人の品物と考えており、その為、写真や価格は直ちに削除し、売却済にしております。

このコーナーでは、今まで当店が販売や買取をさせていただいた品々の一部をご参考までにご紹介させていただいております。

創業以来“京都の町家のお客様より直接買受た品物”を仕入れの柱として営業しており、 鑑定・買取を多数経験し、数々の競り市やオークションに参加し、 長年の実績と確かな専門知識で、数多くの品々を取り扱って、現在に至っております。

京都美術商協同組合会員
大阪美術商協同組合会員
鴨東古美術會会員
京都古書組合会員
東京古書組合会員

古美術やかた主人 敬白


お問い合わせ・買取のご相談

商品に関するお問い合わせや買取のご相談は、インターネット・お電話などでお気軽にどうぞ!買取のご相談は定休日も含めて毎日AM9:00〜PM9:00まで受け付けております。

メールにて画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 yakata-@mb.infoweb.ne.jp
までお願いいたします。(メールソフトが起動します)

買取した品物のご紹介

骨董品買取で、珍しい鉄地の金工作品の緒締を買取しました。 2019.04.22
骨董品買取

販売価格 70,000円
写真9枚掲載、ご覧下さい。
平成31年4月22日

このような小さな緒締で、金工作品の彫金細工や象嵌細工が施された作品は珍しい逸品です。
小さな作品ですが、日本の金工作品を代表するような昔の職人技が生かされた緒締です。
鉄地に象嵌細工や彫金細工を施すのは難しい技術で、素晴らしい作品です。
この緒締は材質は鉄製で、時代は江戸から明治時代のものだと思われます。
クワガタが老木にとまっている楽しく、珍しい図柄です。
採光の加減で白く光っておりますが、傷んでいる箇所は無く、状態の良い品物です。

お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。
日本の伝統技術が生かされた、金工作品の売却の折りには、古美術やかたにご相談下さいませ。

煎茶道具の秦蔵六造で加納鉄哉刻の茶托を買取りました。 2019.04.21
茶道具買取

販売価格 320,000円
写真32枚掲載、ご覧下さい。
平成31年4月21日

この茶托の作者は、秦蔵六で絵を彫刻しているのが、加納鉄哉です。
この二人の合作は人気があり、中国の人々の間でも加納鉄哉や秦蔵六の名前は有名です。
最近では抹茶道具より、煎茶道具の方が人気があり高価買取させて頂けます。
アジアの人々のウーロン茶や中国茶は、日本の煎茶と文化が似ており、同じ道具を使われます。
特に鉄や錫で出来た作品には人気があり、そのなかでも秦蔵六の作品は人気があり、初代秦蔵六は特別人気があります。
この茶托は材質は錫で出来ており、時代は大正時代ごろのものだと思われます。
作品は二代秦蔵六が作っており、加納鉄哉が晩年に彫刻しております。
錫製品の為、採光の加減で影ができたり、白く光っておりますが、状態の良い品物です。

お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。
煎茶道具や抹茶道具の売却は、古美術やかたにご相談下さい。

千葉県のお客様より、刀装具を宅配買取でお送り頂きました。  2019.04.20
骨董品買取

販売価格 75,000円
写真13枚掲載、ご覧下さい。
平成31年4月20日

当店のホームページをご覧になり、骨董品買取依頼の電話を頂き、千葉県野田市より宅配で数点の刀装具をお送り頂きました。
結構な時代があり、素晴らしい刀装具でした。
その内の鍔を紹介させて頂きます。
日本の刀装具の鍔や小柄は、日本独自の文化芸術の作品で、世界の人々に人気があります。
この鍔は時代は江戸時代のものだと思われ、鉄で出来ており、透かし彫りが丁寧に施されて、鉄味が素晴らしい鍔です。
採光の加減で白く光っておりますが、ご覧のように状態の良い品物です。

お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。
日本の伝統技術が生かされた、刀装具の鍔や小柄の売却の折りには、古美術やかたにご相談下さいませ。

茶道具買取で、香川県のお客様より数点の平棗をお送り頂きました。  2019.04.19
茶道具買取

販売価格 25,000円
写真21枚掲載、ご覧下さい。
平成31年4月19日

香川県のお客様がホームページをご覧になり、わざわざ宅配でお送りただきました。
古美術やかたでは、数多くの茶道具や骨董品をホームページで販売しており、それをご覧になり来店頂きました。
やはり、小売販売している当店の信用は大きいと思われます。
このは、材質は木製に曲水の蒔絵が施されております。
時代は大正時代前後のものだと思われます。
共箱で、共布が付いておりますが、作者については、良く分かりません。
採光の加減で白く光っておりますが、図柄は曲水が蒔絵で描かれており、傷んでいる箇所は無く状態の良い品物です。

お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。
煎茶道具や抹茶道具の売却は、古美術やかたにご相談下さい。

骨董品買取で、金工作品の青銅兎置物を買取りました。  2019.04.18
骨董品買取

販売価格 150,000円
写真10枚掲載、ご覧下さい。
平成31年4月18日

そんなに古くない金工作品の兎の置物ですが、非常にリアルで力強い兎の存在感を表現した一品です。
現代作家の作品ですが、図柄が面白く、買取りさせて頂きました。
このように新しい作品でも金工作品は、世界各国の人々に人気があります。
日本の甲冑や刀装具からの昔の伝統技術が金工作品には、昔の職人技が込められているようです。

お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。
日本の伝統技術が生かされた、金工作品の売却の折りには、古美術やかたにご相談下さいませ。

以前の品物はこちら

美術品・工芸品 取り扱い作家一覧

家元


千家十職


陶芸


彫刻


彫金・金工


竹芸


その他


買取について

日本画 取り扱い作家一覧


洋画 取り扱い作家一覧


墨跡・古筆 取り扱い作家一覧


出張買取地域について

買取は、日本全国より行っており、各地のお客様のご連絡をお待ちしております。
今まで当店が出張買取をさせていただいた地域をご紹介いたします。

西日本では、関西地方の大阪、京都府、滋賀県奈良県和歌山県兵庫県から、中国四国地方の岡山県鳥取県島根県広島県愛媛県香川県徳島県高知県その他の地域で出張買取いたします。

東日本では、東京をはじめ関東地方の、神奈川県、から中心地の横浜埼玉県千葉県、東海地方の愛知県、から中心地の名古屋岐阜県静岡県三重県。中部北陸地方の新潟県富山県石川県福井県、その他の地域で出張買取いたします。

買取 取り扱い一覧

ご参考までに当店がこれまでに販売や買取させて頂いた品物の一部を紹介させて頂きます。

根付印籠銀瓶彫金細工・金工細工鉄瓶煎茶道具翡翠竹籠などのお品物、中国美術刀装具鍔・小柄・目貫など)をお買取りさせていただきました。

このページの先頭へ戻る
お問い合わせ・買取のご相談

商品に関するお問い合わせや買取のご相談は、インターネット・お電話などでお気軽にどうぞ!買取のご相談は定休日も含めて毎日AM9:00〜PM9:00まで受け付けております。

メールにて画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 yakata-@mb.infoweb.ne.jp
までお願いいたします。(メールソフトが起動します)


お問い合わせフォーム