• ホーム
  • 更新情報
  • 骨董品の出張買取
  • 日々

HOME > 買取について > 美術品・工芸品 > 飛来一閑 買取

飛来一閑買取

「本物の古美術骨董の街、京都祇園」動画を再生する

当店が骨董品買取で高価買取できる理由

古美術街シンボルマーク|骨董品買取

当店は、約80軒の骨董品・古美術商が軒を連ね、京都市より歴史的保全地区に指定されている京都祇園縄手通りに面しております。

そのような土地柄、四季折々には、1日100名近くのお客様が、日本国内はもとより、世界各国よりご来店頂いております。また、全国より骨董品買取相談やご依頼も数多くいただいております。

店には常時、2000点以上の品物に価格表示し、小売販売しております。
お買取りの際、店頭で販売する価格を提示しご納得頂けるようにしています。
その価格と品物を、ホームページ上にも掲載致しております。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。
当店について詳しくは『古美術やかたのこだわり』をご覧ください。

飛来一閑—ひきいっかん

飛来一閑 略歴

飛来一閑

千家十職の一つ、一閑張細工師の当主が代々襲名している名跡。

漆工芸の一種「一閑張」の日本における創始者であり、歴代千家に一閑張による棗や香合などの道具を納めてきた細工師の家系である。

当代は十六代にあたり、十二代中村宗哲(故人)、十三代中村宗哲と並ぶ千家十職としては珍しい女性当主である。

飛来一閑 歴代

初代 飛来一閑
(1578〜1657)
号は一閑、朝雪斎、金剛山人、蝶々子。
中国浙江省杭州西湖畔飛来峰の出身。
明清王朝交代に伴う内乱を避け、 大徳寺170世清巌宗渭を頼って寛永年間(1624〜44)に来日。
清巌和尚を通じて千宗旦と親交を結び、紙の持ち味を活かした一閑張を創始した。
宗旦はこれを侘茶に適う道具として大いに取り上げ、世に広く知られるようになった。
二代 飛来一閑
(?〜1683)
初代長男。
通称は才右衛門。号は一閑。法号は心琢妙珠。
父が死んだ後、母と近江国安土へ移る。
三代 飛来一閑
(?〜1715)
二代長男。 号は一閑。法号は宗信。
伯母岸田ゆきのもとで一閑張技法を修行し、家業を再開する。
四代 飛来一閑
(?〜1733)
号は一閑。法号は義空了清。
表千家に出入りを許され、表千家六代覚々斎宗左の好み物を造る。
五代 飛来一閑
(?〜1741)
通称は才右衛門。号は一閑。法号は信受道源。
表千家7代如心斎宗左に愛顧される。
六代 飛来一閑
(?〜1746)
号は一閑。法号は宗禾。
七代 飛来一閑
(?〜1750)
六代飛来一閑の長男。
通称は才右衛門。号は一閑。法号は涼月宗受。
早世。
八代 飛来一閑
(?〜1753)
六代飛来一閑の次男。
通称は才右衛門。号は一閑。法号は夏月宗栄。
兄七代飛来一閑が早世したため、八代飛来一閑を襲名したが、同じく早世。
九代 飛来一閑
(?〜1788)
六代飛来一閑の婿養子。
号は一閑。法号は釈浄正。
宝暦8年(1758)、現住所である京都市上京区出水通油小路西入に転居。
明和2年(1765)、日蓮宗より浄土真宗東本願寺派に改宗。宿坊を京都願照寺とする。
十代 飛来一閑
(1771〜1830)
九代飛来一閑の子。
通称は才右衛門。号は一閑。法号は釈実證。
天明8年(1788)、天明の大火で家屋敷や家伝を焼失し、復興に尽力。
初代飛来一閑の作風を慕い、表千家九代了々斎宗左の好み物を造る。
十一代 飛来一閑
(1791〜1872)
幼名は弥太郎、才次郎。通称は才右衛門。号は有隣斎、一閑。法号は釈実閑。
俗称を花丸一閑、ウリ一閑。
文政元年(1818)、十一代飛来一閑を襲名。
初代以来の名手で、中興の祖と仰がれる。
十二代 飛来一閑
(1822〜1897)
十一代の三男。
幼名は才二郎。通称は才右衛門。号は任有斎、一閑。法号は徹々斎一閑。
嘉永2年(1849)、十二代襲名。
十三代 飛来一閑
(1859〜1913)
十一代の孫(長男の子)。
通称は才右衛門。号は一閑。俳号は有水。法号は釈了閑。
明治28年(1895)、十三代襲名。
表千家十一代碌々斎宗左、表千家十二代惺斎宗左の好み物を造る。
俳句を嗜んで惺斎宗左、十二代楽弘入、十三代楽惺入、九代中村宗哲達と「やよひ会」を結成。
十四代 飛来一閑
(1894〜1977)
十三代の長男。
幼名は駒太郎。通称は才右衛門。号は一閑。法号は白華院釈空閑。
二人の息子を戦争で失う。
十五代 飛来一閑
(1926〜1981)
十四代の婿養子。 本名は禎治。通称は才右衛門。法名を滋明院釈禎真。
十六代 飛来一閑
(1963〜)
十五代の長女。
本名は里美。
昭和59年(1984)、京都芸術短期大学卒業。
昭和63年(1988)、十六代を襲名。

飛来一閑 買取について

古美術やかた概観

飛来一閑の買取、買受いたしております。

当店が販売し終えた品々は、お客様個人の品物と考えており、その為、写真や価格は直ちに削除し、売却済にしております。

このコーナーでは、今まで当店が販売や買取をさせていただいた品々の一部をご参考までにご紹介させていただいております。

創業以来“京都の町家のお客様より直接買受た品物”を仕入れの柱として営業しており、 鑑定・買取を多数経験し、数々の競り市やオークションに参加し、 長年の実績と確かな専門知識で、数多くの品々を取り扱って、現在に至っております。

京都美術商協同組合会員
大阪美術商協同組合会員
鴨東古美術會会員
京都古書組合会員
東京古書組合会員

古美術やかた主人 敬白


お問い合わせ・買取のご相談

商品に関するお問い合わせや買取のご相談は、インターネット・お電話などでお気軽にどうぞ!買取のご相談は定休日も含めて毎日AM9:00〜PM9:00まで受け付けております。

メールにて画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 yakata-@mb.infoweb.ne.jp
までお願いいたします。(メールソフトが起動します)

買取した品物のご紹介

骨董品買取で日本画の熊代 熊斐の掛軸を買取りました。 2020.04.07
骨董品買取、美術品

紹介作品
写真10枚掲載、ご覧下さい。
令和2年4月7日
全体 縦幅約 205cm 横幅約 53cm
本紙 縦幅約 134cm 横幅約 38cm

熊代熊斐(1712年- 1773年)は、江戸時代中期の長崎で活躍した画家です。この掛軸は(水墨画)で江戸時代の南宋画の先駆者である彼の作品です。日本画ですが現在ではアジアのお客様に人気のある画風です。熊代熊斐は沈南蘋の彩色花鳥画の技法を学び、多くの門人に伝え教え国内にも広めた。この一派は南蘋派として知られ、独特の図柄や画風で当時の画壇に大きな影響をもたらした。 画技は、はじめ唐絵目利御用絵師である渡辺秀石の門で学び、享保17年から1年あまり長崎に滞在中の沈南蘋に直接師事した。日本人として南蘋の唯一の直弟子となり、その後南蘋流の彩色花鳥画の第一人者として多くの弟子を育てその画風を全国に広めた。本紙は紙本です。古い時代の作品ですが、ご覧のように、状態の良い掛軸です。
面白い図柄で、状態の良い昔の掛軸は買取させて頂きます。

お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた美術品を、価格を表示して、当店で店頭販売いたしております。また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。

茶道具買取で楽焼の灰器を買取ました。 2020.04.06
茶道具買取

紹介作品
写真11枚掲載、ご覧下さい。
令和2年4月6日

表千家の惺斎の書付けが付いた楽焼の保存状態も良い灰器です。赤楽で綺麗に仕上がり、家元の表千家の惺斎の書付けも付いており、茶会では好んで使われるお道具です。先代のお母様がお持ちで、当代の奥様は使われないので買取させて頂きました。古い時代の楽焼は風情があり、人気があります。楽焼や(織部焼)は普通の陶芸作品より分厚くお茶が冷めにくく、人気があり高価に買取させて頂けます。

古美術やかたは、約80軒の骨董店が軒を連ねる歴史ある京都祇園骨董街の中にある老舗の骨董店です。お店には1日100名近くのお客様にご来店頂き、店頭には2000点以上の買取りした 諸道具 や古美術品を価格表示し販売しております。お客様より買取させて頂いた品物は、お客様にその品物の販売価格を提示し、お客様と一緒に買取価格を決定します。このように買取させて頂いたお客様に納得して頂く事を第一に考えております。買取依頼は古美術やかたに御用命ください。

骨董品買取で古陶器の薩摩焼の花入を買取させて頂きました。 2020.04.05
骨董品買取、美術品

紹介作品
写真9枚掲載、ご覧下さい。
令和2年4月5日

お子さまがこちらの大学に通われている関係で京都には何度か来られてており、そのついでにと当店にもお立ち寄り頂きました。お店をご覧になり「品物の種類の豊富さや、殆どの品物に価格表示してあることで、納得しましたと」話され、後日宅配でお送り頂きました。先代が古陶器の薩摩焼の愛好家で、いろいろと面白い珍品逸品の写真をお送り頂き、その中で花入れと御本茶碗の買取をさせて頂き、(御本茶碗)は後日紹介させて頂き、先に古陶器なのでこの花入れを紹介させて頂きます。

古美術やかたは、約80軒の骨董店が軒を連ねる歴史ある京都祇園骨董街の中にある老舗の骨董店です。お店には1日100名近くのお客様にご来店頂き、 店頭には2000点以上の買取りした諸道具や美術品を価格表示し販売しております。また、ホームページ上には500点以上の品物を掲載しております。買取させて頂く品物は、お客様にその品物の販売価格を提示し、お客様と一緒に買取価格を決定します。買取依頼は是非古美術やかたに御相談下さい。

茶道具買取で古陶器の古備前焼の水指を買取りました。 2020.04.04
茶道具買取

紹介作品
写真10枚掲載、ご覧下さい。
令和2年4月4日

地方のお客様よりお電話を頂き、出張買取させて頂きました。このお客様の先々代のお爺さんが古陶器の昔流行った古備前の愛好家で、数点の古陶器を買取させて頂きました。面白いお宅で、煎茶道具も多くあり、唐物や地元の手作りの作品まで面白い珍品も拝見させて頂きました。この作品は底に窯印もあり、昔の登り窯で焼かれていた作品です。このような江戸時代以前の作品はなかなか買取では出てこない、貴重な逸品で保存状態も良く、高価買取させて頂きました。丹波焼と備前焼と混同されるお客様も多くおられますが、(丹波焼)は一般的にピカピカと光った状態が多くあります。

古美術やかたは、約80軒の骨董店が軒を連ねる歴史ある京都祇園骨董街の中にある老舗の骨董店です。お店には1日100名近くのお客様にご来店頂き、 店頭には2000点以上の買取りした諸道具や古美術品を価格表示し販売しております。お客様より買取させて頂いた品物は、お客様にその品物の販売価格を提示し、お客様と一緒に買取価格を決定します。このように買取させて頂いたお客様に納得して頂く事を第一に考えております。買取依頼は古美術やかたに御用命ください。

骨董品買取で日本画の土佐光孚の立雛の掛軸を買取させて頂きました。 2020.04.03
骨董品買取、美術品

紹介作品
写真8枚掲載、ご覧下さい。
令和2年4月3日
全体 縦幅約 152cm 横幅約 27cm
本紙 縦幅約 81cm 横幅約 25cm

古い旧家のお宅より美術品や骨董品の買取をさせて頂きました。面白い作品なので、皆様に紹介させて頂こうと思います。
作品も面白い小品ですが、表具が綺麗で古い時代の素晴らしい日本を見ることができます。この作品は土佐光孚(安永9年 – 嘉永5年)で、日本の江戸時代後期の土佐派の絵師で(大和絵)も数多く残っています。土寛政度御所造営では、文政元年には大嘗会悠紀主基屏風を描いた。禁裏絵所を勤め、平安人物志から嘉永五年版まで登場し、住まいは京都の寺町丸太町に住んだ。嘉永5年(1852年)歿、73歳で亡くなり、この時代では長生きの方です。お墓は地元京都の知恩寺にあります。
古い時代の作品ですが、ご覧のように、保存状態の良い掛軸です。面白い図柄で、状態の良い昔の掛軸は買取させて頂きます。

お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で店頭販売いたしております。また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。

以前の品物はこちら

美術品・工芸品 取り扱い作家一覧

家元


千家十職


陶芸


彫刻


彫金・金工


竹芸


その他


買取について

日本画 取り扱い作家一覧


洋画 取り扱い作家一覧


墨跡・古筆 取り扱い作家一覧


出張買取地域について

買取は、日本全国より行っており、各地のお客様のご連絡をお待ちしております。
今まで当店が出張買取をさせていただいた地域をご紹介いたします。

西日本では、関西地方の大阪、京都府、滋賀県奈良県和歌山県兵庫県から、中国四国地方の岡山県鳥取県島根県広島県愛媛県香川県徳島県高知県その他の地域で出張買取いたします。

東日本では、東京をはじめ関東地方の、神奈川県、から中心地の横浜埼玉県千葉県、東海地方の愛知県、から中心地の名古屋岐阜県静岡県三重県。中部北陸地方の新潟県富山県石川県福井県、その他の地域で出張買取いたします。

買取 取り扱い一覧

ご参考までに当店がこれまでに販売や買取させて頂いた品物の一部を紹介させて頂きます。

根付印籠銀瓶彫金細工・金工細工鉄瓶煎茶道具翡翠竹籠などのお品物、中国美術刀装具鍔・小柄・目貫など)をお買取りさせていただきました。

このページの先頭へ戻る
お問い合わせ・買取のご相談

商品に関するお問い合わせや買取のご相談は、インターネット・お電話などでお気軽にどうぞ!買取のご相談は定休日も含めて毎日AM9:00〜PM9:00まで受け付けております。

メールにて画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 yakata-@mb.infoweb.ne.jp
までお願いいたします。(メールソフトが起動します)


お問い合わせフォーム