• ホーム
  • 更新情報
  • 骨董品の出張買取
  • 日々

HOME > 買取について > 出張買取地域 > 和歌山県 出張買取

和歌山県の骨董品茶道具買取 古美術やかた

店内の写真集を見る

数々の信頼ある多くのメディアにご紹介いただきました

和歌山県で骨董品、茶道具を高価買取できる理由

古美術街シンボルマーク|骨董品買取

当店は、約80軒の骨董品・古美術商が軒を連ね、京都市より歴史的保全地区に指定されている京都祇園縄手通りに面しております。

そのような土地柄、四季折々には、1日100名近くのお客様が、日本国内はもとより、世界各国よりご来店頂いております。また、和歌山県をはじめ全国より骨董品買取相談や買取依頼も数多くいただいております。
和歌山県でお買取りした古美術骨董品、茶道具は、お店に展示しております。

店には常時、買取した2000点以上の品物に価格表示し、小売販売しております。
お買取りの際、店頭で販売する価格を提示しご納得頂けるようにしています。
その価格と品物を、ホームページ上にも掲載致しております。

京都美術倶楽部大阪美術倶楽部鴨東古美術会京都古書組合東京古書組合に加盟しております。
当店について詳しくは『古美術やかたのこだわり』をご覧ください。

販売価格を提示して骨董品買取価格を決定

お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで掲載(販売)しており、お客様の安心と信頼を得ています。

  • 骨董品・美術品・茶道具 買取
  • 根付・金工細工 買取
  • 櫛・簪・帯留・和装小物 買取
  • 伊万里・古陶器 買取
  • 引手・釘隠し 買取
  • その他 買取

京都は、千年も続いた都で、祇園祭に代表されるように、古美術骨董の中心地です。
その京都祇園で、昭和56年開業、優れた多くの品を査定、鑑定を繰り返して来ました。
老舗骨董店ならではの、信用と信頼があればこそ、高額な販売や買取が出来るのです。

古美術やかたの店内写真です、ご覧ください、360度ご覧いただけます。

「本物の古美術骨董の街、京都祇園」動画を再生する

和歌山県の骨董品買取について

和歌山県のお客様、買取依頼はお気軽にお問い合わせください。

和歌山県と言えば、豪商の紀伊國屋文左衛門が有名で、歴史的には高野山もあり、文化芸術や商業で知られた地域です。
このような和歌山県には、茶道に通じたお客様も多く、茶道具煎茶道具の買取や査定依頼も多く、蒔絵茶箱六古窯陶芸品で作られた茶道具を買取りさせて頂いたこともあります。
和歌山県には大きな商家もあり、古美術骨董品の愛好家もおられます。
また、和歌山県には、日本仏教における聖地である高野山もあります。
このような土地柄ですので、数々の骨董品として狩野派の山水画や古書画、そして仏教美術の古筆古佛、有名な管主の書物が多く眠っている地域です。
和歌山県立博物館もあり、骨董品や歴史に興味がある方が多くおられ、中でも、和歌山県の地元出身の日本画の作家の川端龍子が有名です。
和歌山県にお住まいのお客様、骨董品や茶道具の整理売却の際には、古美術やかたにご相談下さい。

和歌山県 出張買取地域

  • 有田川町
  • 有田市
  • 印南町
  • 岩出市
  • 海南市
  • かつらぎ町
  • 上富田町
  • 北山村
  • 紀の川市
  • 紀美野町
  • 串本町
  • 九度山町
  • 高野町
  • 古座川町
  • 御坊市
  • 白浜町
  • 新宮市
  • すさみ町
  • 太地町
  • 田辺市
  • 那智勝浦町
  • 橋本市
  • 日高川町
  • 日高町
  • 広川町
  • みなべ町
  • 美浜町
  • 湯浅町
  • 由良町
  • 和歌山市

和歌山県各市町村の古美術骨董品、茶道具の買取一例

和歌山県有田川町

和歌山県の中でも、中央の山林地帯にあり、農家や林業のお宅が多く、古道具や民芸品、また、木工の工芸品が多く眠っている地域です。 査定や買取依頼で出張させて頂くこともありますが、ほとんどが生活用品の古道具漆器、面白い煎茶道具です。 和歌山県有田川町は、和歌山県のほぼ中央にあり、有田郡を構成する町の一つです。 和歌山県の中でも、比較的大きな町で、東西に細長い形をしていています。 東は紀伊山地、北は長峰山脈、南は白馬山脈に囲まれた地域で、町域の中央を有田川が流れ、市街地はこのあたりにあります。 JR線や、阪和自動車道の有田インターチェンジもあるので、外部からのアクセスが良い場所にあると言えます。 この地域の歴史は、空海が高野山を開設した時代に、その参詣道として高野街道が設けられたことから始まっています。 豊かな自然と温暖な気候に恵まれているため、地域特性を活かした農林業が盛んです。 和歌山県の中でも、有田川町は全国的に有名な有田みかんの生産地で、たいへんおいしい有田みかんは、全国でも好評の地域ブランドです。 全国一の生産量を誇る山椒は、ぶどう山椒と呼ばれ、大粒で香りもよく、都心部からお越しのお客様にお土産として人気があります。 他にも、納涼な高地、有田川の清流と澄んだ空気に育てられ多くの特産品があります。 アユなどもおいしいところです。 古くから農業が盛んであった和歌山県有田川町ならではの、(豪農)や何代も続く(商家)のお宅も多い地域です。 和歌山県にある愛宕山は、きびの桜の名所で、あたご山公園の桜は、シーズン中には、イベントやライトアップなど催され夜桜も楽しめると、地元の方々や近隣の憩いの場所となります。 鳥屋城山は昔畠山氏のお城があったといわれており、遊歩道はハイキングに最適で、地元の方々でにぎわいます。 その他にも、長谷観音桜の森公園や姥ヶ滝など、吉備野をめぐる山歩きスポットも多く、緑豊かな素敵な土地柄です。 和歌山県の中でも中央部にあり、交通の便も良く、市街地のある地域では骨董品や茶道具に興味のある方も多くおられ、骨董品の買取では、(伊万里焼)の赤絵の(菓子鉢)や(織部焼)の向付の買取や査定をさせて頂きました。 また、茶道具の買取では、手作りの小物を多く拝見させて頂きました。 茶托や(蓋置)、また茶合や(香合)を査定や買取させて頂き、(千家十職)の(中川浄益)が作った(銀瓶)も買取させて頂きました。 城下町の跡も残り、元(武家屋敷)の跡も見られ、ゆったりとした町並みは昔ながらの素敵な観光地です。

和歌山県有田市

有田川の海沿いで和歌山県の特産品であるみかんの栽培が盛んな地域です。 農家や漁業に従事されるお宅が多く、古道具や民芸品の査定でお電話を頂いたことや、骨董品の印籠根付コレクターがおられ買取で出張させて頂きました。 和歌山県有田市は、和歌山県の北西部にあり、海、山、川の自然に恵まれたところです。 霊峰高野山を源にする有田川が流れております。 有田市は、和歌山県ならではの、有田みかんの里として、約450年の歴史があります。 箕島漁港を中心に漁業が大変盛んで、沿岸漁業の水揚げ量は和歌山県下一位を誇ります。 タチウオ、シラス、アジ、サバ、マダイ、また、ワカメ、青のりと海の幸は豊富です。 特にタチウオ漁獲量は全国一です。 太刀魚の泳ぐ姿のイメージから毎月11日を太刀魚の日とし、まち全体で、盛り上げています。 箕島漁港で、開催される朝市には、その日獲れたての魚介類が販売され、県外からも多くの方々が訪れにぎわいます。 昔からある鮮魚を扱う(商家)もあり、現在でも忙しく営業されておられます。 和歌山県らしく、主な産業は、みかん、魚、石油、などですが、蚊取り線香や作業用手袋などの地場産業も盛んです。 特に、和歌山県有田市は、渦巻き蚊取り線香の発祥の地として知られており、当時の工場が化学遺産に認定されました。 近年では、海岸地域に、和歌山製油所が立地し、石油精製がこの地域の一番の産業となっており、従事されるお宅も多いです。 有田みかん海道は、ドライブやウォーキングに最適な景色の美しいところで、道沿いに巨大風車があり、間近で見ることができると若い方々に人気です。 夕日も美しいところです。 毎年秋には、須佐神社で秋祭りの千田祭が行われ、荒々しい祭りで有名で、一年間の大漁を願います。 このような和歌山県有田市の買取や査定依頼を頂いた、経過を振り返りますと、昔ながらの農村や漁村がある地域では、骨董品と言うよりも(古美術工芸品)や古道具、また民芸品が多くあります。 このような地区での買取例では、(重量感)のある(象牙)の(置物)や手作りの(煎茶道具)で(茶托)や(如意)の査定や買取をさせて頂きました。 和歌山製油所や商社がある産業地域では、若い人々も多く、西洋骨董の(Wedgwood)の(陶磁器)や(マジョリカ)の(壺)等の査定や買取もさせて頂きました。

和歌山県印南町

和歌山県の南部地域で、農家や林業のお宅が多く、木工品の民芸品工芸品の買取や査定で、出張させて頂くことが度々あります。 生活用品の古道具が多く、茶道具や煎茶道具の伊万里焼大聖寺焼の陶磁器の買取依頼がありました。 和歌山県印南町の地形は、太平洋に面する山地、丘陵地、台地、紀伊山地西端の山地などからなり、山間部の多い町です。 切目川、印南川、王子川など、和歌山県の川も流れています。  沿岸地域は、黒潮の影響を受けて年間を通じ温暖な気候で、一方、山間地域では冷涼な気候で、冬には降雪も見られます。  太陽と黒潮の恵みをいっぱいに受けた、歴史と伝統を誇る土地柄です。 印南町は和歌山県らしく山と海に囲まれた、自然環境に恵まれた町で、野菜や花卉などの栽培が盛んです。 えんどうやすいか、トマトなどが、和歌山県印南町の特産品です。 千両は、和歌山県印南町の町の花で、縁起のよい正月の花として全国の人々に愛され、親しまれ珍重されています。 和歌山県印南町の冷涼な気候を活かした優良作目として、真妻の千両の名で、知られております。 このような地区では、出張買取させて頂き、煎茶道具や古道具で(会津塗)の(漆器)や手作りの(根付)や(煙管筒)の査定や買取もさせて頂きました。 町の歴史も古く、数々の伝説や言伝えを残す歴史遺産が町内に多く存在し、観光面でも魅力を秘めたまちです。 和歌山県の中でも印南町には、弘法大師にゆかりのある瀧法寺や、東光寺などもあり、印定寺は、この地の豪商ゆかりの由緒ある寺院です。 この地域では、(神道美術)や(仏教美術)を見ることも出来、買取例では(銅器)の物が多く、(銅鏡)や(銅鐸)の査定もさせて頂きました。 ブドウ狩りやイチゴ狩り、乗馬体験など、親子連れや若い方々に人気のスポットもあり、年間を通じて多くの観光客でにぎわいます。

和歌山県岩出市

この地域は、和歌山県で一番大きな紀の川の北側に位置し、和歌山県北部地帯の中心の都市として、古くからの商家豪農のお宅も多く、出張買取の際には、商家ではお国焼きの骨董品の陶磁器や、珍しい茶道具や煎茶道具に出会うことも多々あり、出張させて頂くのが楽しみな地域です。 このような和歌山県岩出市は、大和に近いことから古くから中央政権とも密接な繋がりがあったところで、和歌山県岩出市の国分荘には、国分寺が建立され、古くから栄えていたところです。 江戸時代には、紀州藩の領となり、徳川御三家の領地として繁栄しました。 昔の商家や(武家屋敷)、また町並みも残り、骨董品や茶道具も眠っている地域です。 骨董品の買取では、(幕末の三筆)が書かれた(掛軸)や(巻物)、また土佐派の屏風絵や狩野派の(山水画)の見積りや買取をさせて頂きました。 茶道具では、(表千家)の(書付け)がある水指しや、(永楽善五郎)の茶碗の買取もさせて頂きました。 近年は、宅地開発やニュータウン開発などが進み、人口も多く、多くの世代の方々が住まれています。 和歌山市や大阪都市圏への交通アクセスにも恵まれており、大阪側から、また海外から関西国際空港を経て和歌山に至る玄関都市としての顔をもちます。 大都市に隣接するという立地特性を活かしてカーネーション、ストック、観葉植物などの花き栽培が盛んです。 岩出市は花の産地として知られており、特にカーネーション栽培は盛んで大阪など関西市場を中心に出荷しています。 シシトウよりひとまわり大きいシシトウは、ねごろ大唐と呼ばれ、この地方の特産品で、地元の方々や近隣の方々に人気があります。 根来寺は和歌山県岩出市にある、歴史の古いお寺で、根来塗発祥のお寺です。 (根来塗)とは、根来寺の僧徒が制作していた、(漆塗り)の仏具や日常の食器類を言います。 簡潔で機能的な形が特色で、朱漆がはげて所々に中塗の黒漆が現れるところに趣があると好事家たちの中でも人気です。 聖天堂には聖天尊を安置していて、この堂正面の朱塗の壇が、根来塗で古くから伝わっているものです。

和歌山県海南市

和歌山県の北側沿岸部に位置し、伝統的古美術工芸品に指定されている紀州漆器の産地として有名な地域で、多くの優れた骨董品や茶道具をお持ちのお宅も多いです。 買取依頼も多い地域で、見事な蒔絵漆器や、茶箱硯箱など、高価に買取させて頂きたことも度々あります。 このような和歌山県海南市は紀伊半島にあり、和歌山県沿岸に位置しています。 阪和自動車道はじめ、多くのインターチェンジもあり、JR海南駅には特急くろしお号が全車停車するなど、京阪神方面や、関西国際空港からのアクセスが良好で、県外や外国の方々も多く訪れる地域です。 和歌山県海南市は、紀州漆器の名産地で、全国四大産地のひとつに数えられています。 漆のつややかな黒に浮かび上がる繊細で風雅な装飾は、好事家たちの間で人気があります。 漆器の他には、棕櫚を原材料として始まった日用家庭用品産業も、この地方の地場産業です。 キッチンなどの水回り商品で全国一のシェアを誇るなど、時代の変化と共に栄えました。 漆器にもいろいろな産地や塗り物がありますが、簡単に紹介しますと、(会津塗)や(春慶塗)、また(根来塗)や(輪島塗)がありますが、それにも劣らない素晴らしい塗り物が紀州漆器です。 紀州漆器伝統産業会館は、紀州漆器の里、和歌山県海南市のシンボル的な施設です。 黒江ぬりもの館は、江戸時代の塗師町家を改修した古民家のお店で、漆器製品の販売や展示のほか、漆器技法の体験もでき、紀州漆器のまち和歌山県海南市らしいスポットです。 このような地区での骨董品の買取は、(茶道具)の(懐石道具)や(椀)等、やはり漆器の物が多く買取させて頂きました。 長峰山脈、藤白山脈など、風光明媚な山々があり、豊かな自然が息づく地でもあります。 四季を通し温暖な瀬戸内気候の穏やかな風土をいかして、みかんや桃、びわといった果物類や、しらすに代表される海産物など、自然の恵みがいっぱいの特産品が多数ある土地柄です。 さくら材を使用した箸作りが盛んで、さくらは木地が堅く、木目の美しさを楽しめると、人気です。

和歌山県かつらぎ町

この地域は、和歌山県を流れる紀の川本流域として豊かな土壌を活かし、古くから手広く農業や林業を営まれておられるお宅も多く、民芸品古道具の買取や査定依頼を受けたことがあります。 日常使われる煎茶道具中に職人技が素晴らしい逸品の作品を買取させて頂いたこともあります。 また、和歌山県かつらぎ町は、和歌山県の北東部にあり、町の中心部を紀の川が東西に流れています。 紀伊山地と和泉山脈に挟まれた地形で、盆地に近い地形で、寒暖の差が大きい地域です。 特に夏季には猛暑になることで知られております。 この寒暖差を利用し、年間を通じて和歌山県らしい様々なフルーツが栽培されています。 平核無柿の生産高日本一で、串柿も日本一の規模で、ほかにも、イチゴ、梅、桃、ブルーベリー、梨、ブドウ、柑橘類、和歌山県では珍しいリンゴまで広く栽培しており、年中観光農園が開設され、多くの観光客でにぎわう、フルーツ王国です。 このような地区での買取例では、手作りの茶道具やお道具もあり、例えば(如意)や(煙管筒)、また(花台)等もあり、茶道具では、(煎茶道具)の(茶托)や茶合がありました。 江戸時代には、紀ノ川を利用して和歌山城下で重宝された川上酒や川上木綿の産地でもあり、今なお、(豪農)や商家の跡が残り、古美術骨董品や茶道具も数多く眠っています。 和歌山県の中でも、紀の川の右岸を東西に通る大和街道は、参勤交代や町人や商人の伊勢参詣道として栄えました。 今も伝統の格子造りや白い土塀の町家や(商家)の町並みに、歴史の息遣いが感じられます。 丹生都比売神社は、紀伊山地の霊場と参詣道の世界遺産で、桛田荘は、神護寺の荘園で、しばしば教科書等で紹介されることもあり、有名です。 また、こちらの城下町での骨董品の買取例では、(極彩色)の(古書画)や(土佐派)の美人画、また(丹波焼)の壺等の見積りや買取もさせて頂きました。

和歌山県上富田町

和歌山県の南部にあり、温暖な土地柄で農家や林業に従事されるお宅が多く、民芸品や木工細工の工芸品などの査定のお電話を頂いたことがあります。 出張買取させて頂いた際には、骨董品や茶道具よりも生活用品ですが、面白い古道具花台を買取させて頂きました。 この地域は、和歌山県の南西部に位置し、熊野古道、中辺路街道の入口であり、田辺市や白浜町に隣接し、中央部を富田川が流れています。 気候は黒潮の影響により、温暖で住み良い町です。 隣には白浜の温泉街があるので、上富田町にもホテルなど観光業を営むご家庭も多く、和歌山県の中でも、白浜町や田辺市域に多い観光ホテル関連の、古くからの旅館や(商家)などが多くある地域です。 このような地域では、骨董品や茶道具に興味のある方も多くおられ、骨董品の買取例では、(金蘭手)の(大聖寺焼)の(菓子鉢)や(染付)の(中国陶磁器)、また茶道具の買取例では、(唐物)の(竹籠)や(茶箱)の査定や買取もさせて頂きました。 和歌山県の中でも、八上神社や別名だるま寺で親しまれている興禅寺、龍松山城跡など、歴史の古い神社仏閣も多いところです。 救馬渓観音は、大自然の中の大きな一枚岩と一体となる寺院で、(神道美術)や(仏教美術)も残っており、参道には桜、アジサイ、もみじなど四季折々の彩りが楽しめ、大自然を満喫しながら、ハイキングが楽しめると、地元の方々に親しまれております。 和歌山県上富田町のさつき寺の名称で親しまれている観音寺は、その名の通り美しいさつきが見事な古刹です。 上富田町は、熊野古道の中辺路と大辺路の分岐点にあり、万葉の昔から多くの都人が訪れ、熊野への入り口であったことから、口熊野」と呼ばれ、交通の要衝として栄えてきました。 豊かな自然と歴史が息づく、のどかなところです。

和歌山県紀の川市

紀の川や貴志川沿いに古くから発展した地域で、和歌山県の特産物の桃やイチゴの栽培が盛んです。 そのため、昔からの豪農や林業を営まれるお宅が多く、出張買取の際には、古道具煎茶道具、また骨董品の伊万里焼陶磁器を買取りさせて頂きました。 この地区の地域的には、和歌山県北部に位置し、北は大阪府、西は和歌山市に隣接し、紀の川市には和泉山脈、紀伊山地などがあり、中央部には和歌山県の一級河川である紀の川が流れ、貴志川が合流しています。 紀の川市にはJR和歌山線や国道、さらに京奈和自動車道が東西に走っており、交通の便も良く、生活しやすいところです。 大阪からも通勤圏内で、住宅も多く、骨董品や茶道具に興味のある方も多くおられ、骨董品の買取では、(能面)や(古代人形)、また(螺鈿)の(茶箱)の買取をさせて頂きました。 茶道具の買取では、裏千家の書付けがある(棗)で中村宗哲の作品も買取しました。 農業が盛んで、和歌山県らしい果樹栽培で知られています。 モモ、イチゴ、ハッサク、イチジク、キウイフルーツにおいては県内一の生産量を誇り、和歌山県ならではの、フルーツ王国です。 他にウンシュウミカン、ウメ、カキなどの生産が盛んで、県外への出荷も多いです。 また、タマネギ、ナスなどの野菜や花卉栽培も盛んで、葉ボタンの生産は日本一となっているなど、古くから農業が盛んな地域らしく、豪農や何代も続く商家などが多くあります。 このような地域では、骨董品や茶道具の買取でも、煎茶道具や古道具が多くあり、行灯や(燭台)、また(硯箱)や手作りの(根付)の買取をさせて頂きました。 このように、農業が盛んですが、工業製品も数多く生産され、古くから業務を営む地元の中小企業も多数あります。 都心部や郊外から移転してきた大手企業の事業所や工場も多く、会社を営むご家庭も多い地域です。 和歌山県紀の川市では、秋葉山公園桜まつり、百合山花まつりなど地元のお祭りも多く、龍門山県立自然公園もあり、緑豊かな風景が広がっている土地柄です。 粉河寺は、伝承によれば創建は8世紀と古く、市のシンボルとも言える寺院で、地元の方々に大切にされています。 紀の川がもたらす豊かな恵みと美しい自然環境、長い年月にわたって育まれてきた伝統ある歴史文化など豊かな土地柄です。

和歌山県串本町

和歌山県の紀伊半島の最南端の海岸沿いに大きく広がる地域で、ユネスコ世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」にあたっており、紀伊半島でも有数の観光地として多くの観光客が訪れる活気ある土地柄です。 漁業に従事されるお宅が多く、神道美術仏教美術、また面白い民芸品工芸品の査定や買取りをさせて頂きました。 和歌山県の中でも串本町は、紀伊山地を背に潮岬が雄大な太平洋に突き出した本州最南端の町です。 本州最南端の地で、東西に長く延びた海岸線はこの地方の特色であるリアス式海岸で、奇岩、怪石が多く、雄大な自然美に恵まれ、吉野熊野国立公園及び枯木灘県立自然公園の指定を受けています。 和歌山県の中でも、美しい海に恵まれた串本町は、サンゴ群集が美しいところで、世界的にも貴重な生態系を保持しているとして、ラムサール条約登録地に認定されました。 黒潮の恵みを受けて、年間を通して温暖な気候です。 水量豊かな古座川が流れて、太平洋に注ぎこんでいます。 和歌山県串本町のほとんどの地域が山林ですが、地形は比較的ゆるやかです。 また串本町はトルコ共和国と縁のある町です。 和歌山県の中でも、串本町には有名な話があり、明治の頃に、串本町大島の樫野崎沖で難破したトルコ軍艦の乗組員に対し、大島島民が献身的な救護活動を行ったことから、現在トルコ共和国メルシン市・ヤカケント町の2つの町と姉妹都市提携を結び、交流が続いています。  近年、映画にもなり話題になりました。  和歌山県串本町のような地区では、古美術骨董品や茶道具よりも、煎茶道具や古道具が多く眠っており、面白い煎茶道具の茶合や食籠を拝見させていただきました。 骨董品の買取では、伊万里焼の壺や常滑焼の壺等の見積りや買取もさせて頂きました。 和歌山県串本町にある、串本応挙芦雪館は、無量寺の境内に建つ美術館で、現代美術作品や郷土資料、考古学資料の収集や展示も行っています。 館内には円山応挙、長沢芦雪をはじめ、伊藤若冲、狩野山雪、狩野探幽、白隠らの名品が展示されています。 中でも円山応挙筆の「波上群仙図」、長沢芦雪の「龍虎図」を含む障壁画は、国の重要文化財で、海外からも高い評価を受けていることで知られております。 和歌山県串本町ではこのような豊かな自然や歴史的な交流、文化や歴史を大切にしているところです。 この地区では、古書画の(愛好家)の方がおられ、(伊藤若冲)の若書きの(花鳥画)や土佐派の美人画の(掛軸)も買取や査定をさせて頂き、特別に昔の有名な(高僧)が書かれた墨蹟の(巻物)を拝見させていただきました。 骨董品の道具類では、(南鐐)で作られた(花入)れや(象嵌細工)や(彫金細工)が素晴らしい(金工作品)の買取もさせて頂きました。

和歌山県九度山町

和歌山県の北部にあたり、古くからの高野山領であったことから、歴史にゆかりのある土地柄で、古くからの豪農や商家なども多くおられます。 刀装具の骨董品コレクターの方もおられ、珍しい根付小柄を拝見させて頂いたことがあります。 また、九度山町には、高野山の開祖である弘法大師、空海の母が暮らしていたという慈尊院があり、空海は月に9度母に会いに来ていたことから九度山の地名が付いたと伝わっています。 このように、弘法大師とゆかりの深い土地柄で、平安時代に弘法大師が高野山に真言宗を開創以来、政所が置かれ、諸物資の運搬拠点のみならず、高野山への参詣道としても大変栄えました。 九度山町は、世界遺産である高野山町石道、慈尊院、丹生官省符神社や、戦国の武将真田昌幸、幸村親子ゆかりの真田庵に象徴される歴史が香る土地柄です。 近年、大河ドラマにもなり、九度山・真田ミュージアムなどを開設して、町を挙げて盛り上がりました。 このような土地柄、(神道美術)や仏教美術も多く見られ、骨董品買取や茶道具の買取依頼で出張させて頂く事もよくあります。 (仏教美術)の(経筒)や(曼荼羅)の描かれた(掛軸)や(古佛)の査定もさせて頂きました。 茶道具の買取では、(古渡り)の(陶芸)作品で(茶碗)や(花入)れの買取もさせて頂きました。 名勝地である玉川峡をはじめとする美しい自然に恵まれ、観光の拠点施設として、道の駅、柿の郷くどやまなどがあり、地元、和歌山県九度山町の特産品などを求めて、近隣からも多くの方々が訪れ、地元の方々にも憩いの場所です。 温暖な気候を利用した果樹栽培が盛んで、富有柿は日本一の品質を誇っています。 秋には特産品である富有柿の収穫でにぎわいます。 このような地区では、(煎茶道具)の手作りの(茶托)や(茶合)の楽しい作品も買取もさせて頂きました。 日本画家の(平山郁夫)にゆかりある、(松山常次郎記念館)もあります。 観光振興に力を入れており、活気があります。 歴史と文化あふれる地域です。

和歌山県高野町

高野山真言宗の聖地高野山を中心とする土地柄で、和歌山県の貴重な文化財や名所、建造物があり、文化芸術に興味をお持ちの、文化レベルが高い地域です。 お茶道具の査定や買取依頼もありますが、仏教に関する職に携わるお宅も多く、出張買取の際には古筆古佛、有名な管主の書物を拝見させて頂いたことが度々あります。 高野町は、和歌山県の北東部にあり、奈良県や、橋本市と接しています。 和歌山県高野町の9割が山林の地域で、玉川、御殿川、有田川が流れ、和歌山県の中では年間降水量の多い地域です。 高野山上が主な住宅街となりますが、産業、文化、経済の中心地であり、和歌山県の中でも特に、山岳仏都として、観光の町として発展しているところです。 高野山真言宗の聖地高野山を中心とする町、和歌山県高野町ならではの、貴重な文化財や建造物、名所が数多く存在する地域で、そのような和歌山県高野町の土地柄、古くから続く観光業を営むお宅や何代も続く商家のお宅の多い地域です。 高野山には、金剛峯寺、金剛三昧院など多くの神社仏閣があり、苅萱堂、遍照光院、蓮華三昧院など、寺院が多いため、管主など仏教に携わるご家庭が多いのが、和歌山県高野町ならではです。 このような地区では、当然(神道美術)や(仏教美術)も多くあり、骨董品の買取では、(仏画)や(曼荼羅)が描かれた(掛軸)や昔の素朴な(絵馬)や、(木味)の良い(木工)細工の(置物)等の買取や見積りをさせて頂きました。 高野山森林公園は、自然豊かな森林公園ですが、近年では、森林セラピーで訪れる方々にも人気のあります。 紀伊山地の霊場と参詣道として世界遺産に登録されてからは特に、日本のみならず世界中から多くの観光客が訪れ、知られるようになりました。 古くから続くご家庭が多い地域ですが、それゆえ、珍しい古道具や工芸品などが眠っている地域で、例えば、骨董品の買取では、(煙管筒)や煙管、漆器で作られた(根来塗)の椀を買取もさせて頂きました。 茶道具の買取では、(遠州流)の(家元)の(一行書)の買取もさせて頂きました。 骨董品のご相談もたびたびありました。 自然環境に恵まれた、歴史と文化、伝統のある土地柄です。

和歌山県古座川町

和歌山県古座川町は、紀伊半島南端内陸部に位置し、町の中央を清流古座川が流れ、9割が森林という、緑豊かな山村です。 和歌山県古座川町という町名は、町内を流れる古座川にちなんで命名されています。 温暖で湿潤な気候のため、良質な古座川材の産地として古くから知られており、かつては木材産業が盛んな地域でした。 また、和歌山県の中でも、備長炭の材料としてのウバメ樫を使った上質な炭づくりも盛んな地域で、江戸や大阪へ運ばれるなど、たいへんな人気でした。 さすが木材の街ならではの、普段使いの古道具や民芸品の宅配買取を受けたことがあります。 そのような古美術骨董品や茶道具の買取の中には、茶道具では(煎茶道具)が多く、手作りの(涼炉)や(木味)の良い(煎茶盆)、また茶合の査定や買取もさせて頂きました。 骨董品の買取では、(古美術工芸品)で古道具の(文箱)や(硯箱)、また生活に使われる(古道具)が多くありました。 七川ダム湖畔の佐田の桜は、日本さくら名所にも選ばれる名所で、季節には地元の方々でにぎわいます。 月野瀬温泉や湯の花温泉、湯郷温泉など温泉も豊富で、地元の方々や近隣の方々の憩いの場所です。 和歌山県古座川町の地方は、海霧と呼ばれる、霧が美しいことでも知られております。 冷え込みの厳しい冬の早朝に見ることができる風物詩で、冷たい大気が温かい海水との温度差によって発生する幻想的な光景です。 重畳山は、弘法大師開基の霊山として人々の信仰も深い場所で、骨董品にはなりませんが、手作りの(古佛)や素人書きの(仏画)や(曼荼羅)を拝見させて頂いたことがあります。 山頂へと登る山道は絶好のハイキングコースとなっていて、地元の方々や近隣の方々に親しまれております。 山頂の展望台からは那智連山、熊野灘、紀伊大島、橋杭岩が一望できます。 このように、自然豊かな観光資源が豊富な、和歌山県古座川町は、のどかな地域です。 和歌山県の特産品のユズが有名な地域ですので、柚子酢のほかジュースやジャムなど、和歌山県古座川町ならではの特産品もたいへんおいしく、和歌山県古座川町からの、ご相談をお待ちしております。 骨董品の売却をお考えの和歌山県古座川町の皆様、是非、ご連絡ください。

和歌山県御坊市

和歌山県の日高川流域沿いに広がる地域で、古くから農業や林業に従事されるお宅も多く、骨董品や茶道具よりも生活に繋がる木彫の古民芸、また古道具の燭台などの査定や買取をさせて頂いた事がありました。 このような和歌山県御坊市は、和歌山県の海岸線のほとんど真ん中、日高川が海に流れ込む地域に位置しています。 市域は、南北に細長い形をしていて、海岸付近は平地になっていますが、東側は山地になっている箇所もあります。 美浜町や日高町、印南町などと隣接していて、このあたりの中心的な都市です。 黒潮の影響で年間を通じて暖かく、雨も多く、冬でも霜が降りることはほとんどない地域です。 温暖な気候を活かして、古くから農業が発展し、従事されているお宅が多いです。 主に野菜や花卉が生産されていて、中でも花卉の生産は和歌山県の中でも特に多く、スイートピー、カスミソウ、スターチスは日本一の生産高を誇る地域です。 観光農園も多く、季節ごとに、フルーツ狩りを楽しむ方々に人気です。 このように、古くから農業が盛んな地域ならではの、(豪農)や(商家)も多く、珍しい骨董品や古道具に出会える地域です。 古美術骨董品や茶道具の買取では、海沿いの地区ですが、(交易)で流入したのか(古渡り)の(青磁)の(香炉)や(讃岐彫)りの素晴らしい(逸品)の査定や買取もさせて頂きました。 また、和歌山県御坊市の海岸部には7つの漁港があり、漁業も盛んな地域です。 アジを中心にサバやサワラ、アワビやイセエビなどが、豊富に水揚げされており、おいしい海の幸を求めて、大阪などからも多くの観光客が訪れるところです。 和歌山県御坊市の南部では、工業団地が設置され、積極的な企業誘致が行なわれた結果、工業地域も発展を遂げつつあります。 中心市街地は、今から約400年前に日高御坊(現本願寺日高別院)が建立され、寺内町として発展してできたもので、現在も街並みにその名残りを見ることができます。 御坊市は熊野古道に位置し、それにまつわる文化財も多く、本願寺日高別院の周辺の寺内町には、昔の街並みが今も残され、古いご家庭も多く、骨董品に興味を持たれるご家庭も多い地域です。 塩屋王子神社は別名は美人王子で、和歌山県御坊市は美人の里とも呼ばれています。 このような地区では、当然(神道美術)や(仏教美術)も多くあり、(絵馬)や(仏画)や(曼荼羅)が描かれた(掛軸)の買取もさせて頂いたことがあります。

和歌山県白浜町

この地域は、和歌山県の中でも、奈良時代から続く温泉地として有名で、観光業や農業に従事されるお宅がほとんです。 観光客も多いため古くからの商家のお宅もあり、骨董品や茶道具に興味を持たれる方が多くおられる地域で、煎茶道具陶磁器の出張買取に伺ったことがあります。 白浜町は和歌山県の南部に位置し、紀伊水道に面した半島地域と、富田川下流域、日置川流域が広がる地域です。 黒潮が流れているので、一年を通じて温暖で過しやすい気候で、住み良い町です。 和歌山県白浜町の約8割が森林で、海岸地域まで山地がせまっている風光明媚なところです。 吉野熊野国立公園、大塔日置川県立自然公園があり、豊かな自然環境に恵まれた、観光資源も豊富な地域です。 南紀白浜温泉や、古くから白浜温泉の奥座敷として知られる椿温泉など多くの温泉が湧いており、年間を通じて大阪、京都、奈良を中心に観光客が訪れ、にぎわいます。 和歌山県白浜町は、南紀白浜空港からのアクセスも良く、台湾などからのチャーター便が直行していることもあり、近年では、海外の観光客にも人気です。 このような地区では、昔から観光で栄えた商家もあり、古美術骨董品や茶道具に興味を持たれるお宅も多くあり、骨董品の買取では、陶芸作品の(コレクター)がおられ、(六古窯)の(丹波焼)や(信楽焼)、また(常滑焼)、そして(越前焼)の(壺)の査定もさせて頂き、(安南焼)や(馬の目皿)、また(出雲焼)の陶磁器まで拝見させて頂きました。 和歌山県白浜町は、古くから、観光業で栄えた地域ならではの、骨董品に出会える楽しみな地域です。 白良浜などの海水浴場付近を中心に、リゾート施設や企業などの別荘や保養所が多数集まっているおり、当然、経済的にもゆとりのあるご家庭や、骨董品に興味を持たれる愛好家の方々とのつながりがあり、査定や見積もりのご連絡を頂くことがたびたびあります。 和歌山県の中でもアドベンチャーワールドや、夏の日置川流域でのアユ釣りなどがこの地域の風物詩です。 観光業以外では、和歌山県らしい温室による花卉栽培や、お茶の栽培が名産品で、おいしいお茶を頂きに、また、伺いたい地域です。

和歌山県新宮市

この地域は和歌山県の中でも昔から茶道が盛んで、表千家裏千家の書付けのある骨董品や茶道具の査定や買取依頼があります。 また林業のお宅も多くあり、木工品の工芸品や民芸品の査定や見積りの相談で電話を頂きます。 このような新宮市は、和歌山県、奈良県および三重県の県境が接する紀伊半島の東南部、紀伊半島の隅っこで、太平洋に面した、温暖で、雨の多い気候で、台風が多い地方として知られております。 豊かな水資源と樹木育成に恵まれた素晴らしい自然環境の中にあります。 和歌山県新宮市歴史的にも古い地域で、神武天皇ゆかりの土地で、日本書紀などにも登場します。 熊野信仰の中心都市として栄えたところです。 かつては、熊野速玉大社の門前町として発展したところで、今なお、古い街並みが残っている地域です。 このような歴史的な土地柄、和歌山県新宮市では、昔から茶道が普及しており、表千家や裏千家の茶道具で宗匠の(一行書)や書付けがある茶道具で、(茶碗)や水指し、また(蓋置)や茶杓の査定や買取をさせて頂いた経験があります。 骨董品では、(古書画)が多く、巻物や(掛軸)で(土佐派)や(住吉派)の(花鳥画)も拝見させて頂きました。 近年は、熊野材や、製紙業や製材業で繁栄したところで、和歌山県新宮市ならではの、(木工)製品の(古道具)や珍しい伝統工芸品に出会える地域です。 世界遺産登録された、紀伊山地の霊場と参詣道の熊野古道の、大雲取越え、小雲取越え、高野坂や、川の参詣道の熊野川など、熊豊かな大自然にあふれている土地柄です。 和歌山県新宮市が誇る地元作家には、佐藤春夫や中上健次、東くめ、西村伊作などの多くの文化人がおります。 佐藤春夫は、和歌山県新宮市出身の近代日本の詩人、作家で、艶美清朗な詩歌で知られております。 東くめは、和歌山県新宮市出身の童謡作詞家で、後輩の瀧廉太郎と組んで、「お正月」、「鳩ぽっぽ」、「雪やこんこん」などの作品を残したことで知られております。 このように、和歌山県新宮市は、熊野文化と豊かな自然が息づく街です。 このような文学的にも有名で、著名な作家の(花押)や(落款)が押された(巻物)も拝見させて頂きました。

和歌山県すさみ町

和歌山県の中でも漁業に従事されるお宅が多くあり、かつお漁で儲けられた大きなお家が多くあり、大型の民芸品工芸品の査定や買取依頼多い地域です。 何度か出張させて頂きましたが、茶道具や骨董品は少なく、やはり古美術工芸品を拝見させて頂く事が殆どでした。 すさみ町は、和歌山県南西部に位置し、黒潮と紀伊山地の恵みを受ける自然豊かで歴史ある町です。 和歌山県すさみ町の約9割は林野で、平地はわずかです。 海岸線は豪壮なリアス式海岸で、熊野枯木灘海岸県立自然公園に指定されており、和歌山県すさみ町には里山や枯木灘など、昔から変わらない風景が広がっています。 農林漁業と観光に従事されているお宅が多い地域で、温暖で雨が多い気候を生かして、近年、レタス栽培が盛んに行われ、良質なすさみレタスは関西随一とされ、人気があります。 また、海岸段丘を中心にストック、カスミソウ等の花卉栽培も盛んになっています。 黒潮本流に近い地の利により、漁業は、古くから盛んで、ケンケン船の全国屈指の基地として知られ、カツオ、ヨコワ、ブリなどの豊富な魚介類が水揚げされます。 磯釣りや船釣り場として有名で、おいしい海の幸を求めて、都市部からも多くの方々が訪れます。 国指定天然記念物江須崎島、稲積島の原生林などを豊かな自然も人気で、このように農業や漁業に従事されるお宅が多く、古美術骨董品や茶道具よりも、煎茶道具や古道具が眠っている地区です。 出張させて頂いた時の買取例では、骨董品類では(行灯)や(燭台)、また(大聖寺焼)の(数物)の(陶磁器)の買取をさせて頂きました。 茶道具では、和歌山県の新宮にも近く、茶道も盛んで(裏千家)や(表千家)の(千家十職)が作られた(香合)や(蓋置)、(茶碗)等々の査定や買取もさせて頂きました。 近年ではマリンスポーツや世界遺産に登録された熊野古道大辺路街道などに、若い世代の方々にも人気で、季節ごとに多くの方々でにぎわいます。 すさみ町立エビとカニの水族館は、町のランドマークで、和歌山県すさみ町ならではの水族館です。 道の駅すさみに併設されており、地元の方々に親しまれております。 祭りや獅子舞などの伝統芸能や風習などあり、(おかめ)の面や(能面)までいきませんが、面白い衣装も拝見させて頂きました。 和歌山県すさみ町ならではの、文化が今もなお受け継がれている歴史の古い地域です。

和歌山県太地町

この地域は昔から鯨漁で有名で、財をなされたお宅も多くあり、思わぬ骨董品や茶道具が眠っている地域で、以前に出張させて頂いた時には、唐物や古玩の骨董品を買取させて頂きました。 茶道具買取の際には、珍しい香合や茶碗を拝見させて頂きました。 このように紀伊半島南部に位置する町で、日本の古式捕鯨発祥の地として知られている和歌山県太地町は、多くのご家庭が捕鯨や捕鯨関係の仕事に従事しておりました。 和歌山県の中でもこの地区では、天然の良港を持ち、交易の中継地でもあり、骨董品や茶道具も流入していたようです。 茶道具の買取では、(永楽善五郎)の(交趾)焼の(香合)や(唐物)の(青磁)の(花入)れの査定や買取をさせて頂きました。 骨董品では、(狩野派)の(山水画)の(双福)で、表具の綺麗な(掛軸)や(古筆)で(高僧)が描かれた(水墨画)の査定や買取もさせて頂きました。 近年は、和歌山県で唯一の鯨を中心とした観光で、くじらの博物館など、古式捕鯨時代の施設や博物館などの観光業が盛んになりました。 くじらの博物館は、古式捕鯨時代から近代に至る捕鯨に関する道具や資料をはじめ、鯨の骨格などを展示し、館内を一巡すれば、捕鯨の歴史の一端をうかがい知ることが出来る施設で、地元の方々に親しまれております。 また、和歌山県の中でも、くじらの博物館を中心にした、くじら浜公園には、自然を利用したプールでイルカなどが遊泳し、水族館やかつて南極海で活躍した捕鯨船が展示されていて、県外からも見学に訪れる方々でにぎわいます。 くじら踊りや、太地浦勇魚祭など、鯨の街、和歌山県太地町ならではの、お祭りも多く残っており、地元の方々に親しまれております。 また、和歌山県太地町のくじら踊りは、江戸時代の頃より、鯨方の出初式に行われていた踊りで、和歌山県の無形民俗文化財に指定されています。 太地浦勇魚祭は、毎年夏にに太地浦で行われる古式捕鯨の再現したもので、雄大な祭りで人気です。 太地町は海岸が複雑に入り込み、島が点在し、青い海とのコントラストが豊かなできれいなところです。 気候も温暖で、冬でも菜の花が咲き、小鳥のさえずりを聞くことができ、骨董品買取に伺うのが楽しみな地域です。

和歌山県田辺市

近畿圏の中でも市町村では最大の面積があり、和歌山県の中でも、熊野古道も通っており山間部ではありますが伝えられた文化芸術も多くあります。 茶道具や骨董品の買取や査定でに出張させて頂いた折には、青貝細工印籠六古窯常滑焼等、昔の街道沿いの名残の骨董品を拝見させて頂きました。 このように和歌山県田辺市は紀伊半島の南西側、和歌山県の南部に位置しています。 和歌山県田辺市域の大半が豊かな森林で占められている自然豊かな場所です。 南西部は海に面し、入り組んだ海岸線の内側は田辺湾となっていて、会津川や日置川など、和歌山県の多くの川も流れています。 このような山林地帯で、骨董品や茶道具よりも古道具の手作りの(煎茶道具)や(置物)が多くあり、例えば、骨董品や茶道具の買取依頼で出張させて頂いた折には、手作りの(茶托)や(線香筒)、また(煎茶盆)や(如意)があり、骨董品の買取では、同じように手作りの(煙管筒)や(根付)、また(花台)など(木味)が面白い品物が多くありました。 温暖な気候と豊かな自然条件に恵まれた和歌山県田辺市は、年間を通して多くのおいしい農産物が収穫されます。 特に、和歌山県らしく、梅やみかんが全国でも有数の生産量を誇ります。 温州みかんをはじめ、ポンカン、デコポン、はっさく、清見、ネーブルなどの晩柑類まで豊富な品種を栽培し、ほぼ1年中みかんが採れるので、観光農園も多く、年間を通して多くの観光客でにぎわいます。 古くから果物作りが盛んな地域ならではの、何代も続く商家や豪農のお宅も多く、楽しい古道具や骨董品に出会える地域です。 紀州備長炭や、花木など、和歌山県らしい特産品も多く、伝統工芸品も多い地域です。 皆地笠は、この地方に産出する香り高い桧材をつかって編み出した笠で、熊野詣で庶民に広く愛用されました。 豊かな漁業の街ならではで、南蛮焼という郷土料理も、田辺市地方の代表的な名産です。 南蛮焼は、魚の身を崩して、すり身にして焼いている蒲鉾で、エソとグチという魚を使った特産品です。 鮮魚商の町として知られた和歌山県田辺市ならではで、古くから鮮魚を扱う店が軒を連ねており、その名残で、大きな(商家)や何代も続く加工業のお宅も多いところです。 いつしか、かまぼこ通りなどと呼ばれるようになりました。

和歌山県那智勝浦町

ユネスコ世界遺産の熊野エリアにあたり、和歌山県の中でも昔の日本の名残がある地域で、昔から和歌山県勝浦は温泉があり、商家も多くあります。 茶道具や古美術骨董品をお持ちのお客様も多く、伊万里焼陶磁器茶箱の素晴らしい蒔絵逸品を買取させて頂いたことも有る地域です。 和歌山県那智勝浦町は、紀伊半島の南に位置する町で、熊野古道、マグロ、温泉で有名な町です。 熊野古道は、言わずと知れた、世界遺産で、紀伊山地の霊場と参詣道の大きな見所のひとつが那智勝浦町にあります。 苔むした石畳を上っていくと、熊野三山のひとつ熊野那智大社や那智山青岸渡寺、日本一の落差を誇る那智の滝が、連なり、たいへん風光明媚な景観です。 和歌山県の中でも、このような地区で、(神道美術)や(仏教美術)も多く見られます。 紀伊半島、和歌山県の中でも特に、有数の観光地として多くの観光客が訪れる地域です。 また、和歌山県那智勝浦町内には天然の良港がいくつもあり、その中でも特に、勝浦港は、生マグロの水揚げ日本一で知られており、古くから漁業に携わるご家庭も多い地域です。 源泉数は県内一で、温泉宿たくさんあり、古くから観光業でにぎわった地域です。 地理的には、不便な地域ですが、このように産業や観光が昔から盛んな地域で、骨董品や茶道具も眠っております。 茶道具の買取では、(表千家)の(宗匠)が書かれた(一行書)や(新物)ですが、(斗々屋)茶碗の査定や買取もさせて頂きました。 神社仏閣を中心に発展してきた門前町らしく、古い時代の街並みが今も残り、骨董品にゆかりのご家庭も多い地域で、和歌山県那智勝浦町ならではの骨董品に出会える地域です。 熊野那智大社、青岸渡寺、補陀洛山寺、飛瀧神社など、和歌山県那智勝浦町を代表する神社仏閣も多く、観光業が盛んです。 湯川温泉などの温泉もあり、勝浦と串本の中間点にある景勝地、ゆかし潟の畔に湧く温泉地です。 景勝地ではあるが、大型の温泉施設というよりは、家庭的な小型旅館が多く、おもしろい骨董品や古道具が眠っている地域です。

和歌山県橋本市

和歌山県の北東部に位置する地域の山間部で、林業や農業が多い地区です。 骨董品や茶道具よりも、工芸品や民芸品の査定や見積り依頼が多くある地域です。 和歌山市や大阪からも近く、茶道具買取では、職人技が素晴らしい飛青磁菓子鉢逸品を買取させて頂いた事があり、都市部から近くで、珍しい骨董品をお持ちのお宅があります。 このように橋本市は和歌山県の北東端に位置し、大阪府と奈良県に接しています。 交通や鉄道の便に恵まれ、大阪都心部までも近く通勤圏で、若い世代の方々も多く住まわれており、ベットタウンとして発展しています。 若い世代の方々には、西洋骨董の(アール・ヌーボー)や(アール・デコ)、また(印象派)の(パステル)で描かれた(スケッチ)画の査定や買取もさせて頂きました。 かつては高野街道と伊勢街道が交わる、紀州わかやまの玄関口にあたり、高野山へ往来する人々のための宿場町として、栄えた土地柄です。 また、紀の川を使った材木運搬でも栄えました。 また、農業の副業として、養蚕や機織りが盛んだった地域で、このような地区では、手作りの(木味)の良い(燭台)や(置物)の骨董品の買取をさせて頂きました。 現在も、パイル織物がこの地方の特産品で、当時から何代も続くお宅などが残っている地域です。 和歌山県橋本市が生産するパイル織物は、タオルや絨毯の生地として使用され、たいへん人気です。 この地方の特産品には、紀州へら竿のあります。 100年以上の伝統を受け継ぐ紀州へら竿は、全国シェアの大半を占め、国の伝統的(工芸品)に指定されました。 和歌山県の中でも橋本市は、紀州へら竿の里と呼ばれ、ヘラブナ釣り愛好者に人気です。 和歌山県橋本市にある隠れ谷池では、紀州へら竿の貸竿もあり、初心者でも気軽にヘラブナ釣りが楽しめ、地元の方々や近隣の方々に親しまれております。 このような小さな産業ですが、結構大きな商家もあり、昔の繁栄の跡が見られます。 この地区での、茶道具や骨董品の買取では、(双福)の(掛軸)で(南画)の素晴らしい逸品を買取りました。 豊かな自然に囲まれ、平核無柿、富有柿やぶどう、卵などの魅力的な特産品も豊富な地域で、特に卵は、和歌山県の中でも一番の生産量を誇ります。

和歌山県日高川町

和歌山県の中部に位置する山間部で、梅林が多くあり、林業や農業のお宅が殆どです。 民芸品古美術工芸品をお持ちのお宅が多く、木工製品の古道具や煎茶道具等も査定や買取依頼で拝見させて頂いたことがあります。 和歌山県の中でもこの地区では、大阪市内からもアクセスが良く、自然も豊富で、田舎暮らし希望者に人気が高く、都心部から移住されるご家庭も近年多くなり、裕福なご家庭や骨董品に興味を持たれる方々も多く住まわれて、思わぬ(愛好家)の方々に出会える地域です。 骨董品や茶道具の買取例では、(信楽焼)の素晴らしい(鬼桶)の(陶芸)作品や茶道具の(唐物)で、形の良い(御本)茶碗の見積りや買取を経験させて頂きました。 また反面、和歌山県日高川町は、紀伊半島の西端、日ノ御碕の北東に広がる農業と漁業を営むご家庭が多い、のどかな町です。 和歌山県日高川町の中央を日高川が流れ、約9割が森林のところです。 全国でも人気が高い、温州みかんをはじめ、甘夏や不知火等の柑橘類、ウスイエンドウ、ブロッコリーやゴーヤなどの野菜類、また、山間部では、梅や椎茸、千両の栽培が盛んな地域です。 また林業では、スギやヒノキ材のブランド木材で知られており、紀州備長炭の生産量は日本一です。 このように、古くから農業や林業が盛んな和歌山県日高川町のような地域には、和歌山県の中でも、さすが紀州備長炭の産地で、何代も続く(商家)や、(豪農)のお宅も多くあり、楽しい古道具や(工芸品)に出会える地域です。 この地区での買取では、手作りの(煎茶盆)や(根付)、また古道具に楽しい作品がありました。 安珍・清姫伝説で有名な道成寺があることでも知られており、井原西鶴ともゆかりがあると伝説が残っており、歴史と文化に育まれた住みやすい地域です。

和歌山県広川町

和歌山県中央部の海に面した地区で、温暖な気候で、みかんの栽培や梅林が多く、農家や林業のお宅が殆どです。 この地区も骨董品や茶道具と言うより、古道具民芸品が多い地区で、時々買取依頼があります。 和歌山県広川町は和歌山県の中心に位置し、和歌山県広川町の中央を広川が流れ紀伊水道に注いでいる地域です。 南には白馬山脈が連なる自然豊かなところです。 春には、広川ダムに広がる桜がきれいな町で、夏には西広海岸に多くの海水浴でにぎわうのどかなところです。 和歌山県の中でも広川町では、至るところでホタルが見られるほど、自然豊かな地域で、滝原ふるさとふれあい公園は、別名ホタルの宿と呼ばれおり、地元の方々に親しまれております。 滝原温泉ほたるの湯なども人気で、町を挙げてホタル保全活動などが盛んな地域です。 和歌山県広川町のような地区では、手作りの(置物)や(盆栽)の(盆石)、また木味の良い(漆器)の(椀)等、(木工)作品の査定や買取に出張させて頂きました。 山の中ですが、都会の人々も多く観光に訪れ、旅館やホテルでは、茶道も行われ、(千家十職)の作品で(香合)や(棗)、また(食籠)の査定や手作りの(木味)の良い(茶箱)の買取をさせて頂きました。 和歌山県広川町の特産品には、和歌山が誇る、有田みかんがあります。 また、広川町は、稲むらの火の逸話でも有名で、稲むらの火の館や、国の史跡にも登録されている広村堤防など歴史の息遣いが感じられる町です。 また、浜口陽三は、和歌山県広川町の地元出身の版画家です。 多くの代表作品が、国立国際美術館や東京国立近代美術館に所蔵されておりが、代表作品のひとつ「パリの屋根」は、(和歌山県立近代美術館)に所蔵されております。

和歌山県みなべ町

元々和歌山県と言えば、梅林が多い地区ですが、この地域は、 日本一の梅の里として知られ、梅の代表品種の南高梅が作られた所です。 結構、商家も多く、骨董品や茶道具をお持ちのお宅もあり、書き込みの良い古書画の骨董品を買取させて頂いたことも有ります。 このような和歌山県みなべ町は、和歌山県のほぼ中央に位置します。 和歌山県みなべ町には、南部川が流れ、丘陵地や、山間地域とバラエティに富んだ地勢です。 丘陵地には日本一のブランドを誇る、南高梅の梅林が広がり、山間部は森林、渓谷などの自然豊かで風光明媚な景観です。 南高梅の産地らしく、青梅とともに、梅干しの生産ももちろん日本一の土地柄で、季節には、梅を干す光景が広がります。 南高梅とともに、和歌山県の中でも、町の木でもある、ウバメガシを使った備長炭の生産地としても、古くから有名で、この地域ならではの、何代も続く生産農家や(豪農)のお宅、商家などが多いところです。 農村地帯ではありますが、結構裕福な土地柄で、古美術骨董品や(茶道具)も残っております。 骨董品の買取では、(丹波焼)や(信楽焼)の(六古窯)の(陶芸)作品を買取させて頂きました。 茶道具では、(煎茶道具)が多く、いろいろな流派の(家元)の(書付)けがある(茶托)や(茶入)れの査定や買取もさせて頂きました。 和歌山県みなべ町は、南部梅林や岩代大梅林、千里梅林など、日本一の梅の里らしい風景も美しく、夏には、ウミガメが千里の浜を訪れるなど、のどかな地域です。 黒潮に近いことから、和歌山県の中でも、漁業も盛んな地域で、伊勢海老やイワシ、アジ、サバ、タチウオなど豊富な海の幸を求めて、都心部から訪れる方々も多くにぎわう土地柄です。 めざし、イカの一夜干し、しらす干し、アジの開き、カマスの開きなど、干物もおいしく、骨董品買取に伺うのが楽しみな地域です。

和歌山県和歌山市

和歌山県の北部にあり、和歌山県の県庁所在地で、江戸時代は紀州徳川家が治める紀州藩の城下町でもありました。 当然、武家や商家のお宅も多く、茶道具や骨董品も多く眠っている地域です。 当店に買取や査定依頼も多く、今まで茶道具の交趾焼の香合表千家裏千家の家元の書付が付いた逸品も多く買取させて頂きました。 このような地区でまして和歌山県の県庁所在地で、(和歌山県立近代美術館)、和歌山県立博物館、(和歌山県書道資料館)など、多くの美術館や博物館があり、歴史を愛する方々や、古美術骨董品や茶道具に興味を持たれる方も大勢住んでおられます。 和歌山県立近代美術館には、和歌山県和歌山市の郷土作家、保田龍門、川口軌外、(川端龍子)、浜口陽三、田中恭吉らの紹介を中心として、たくさんの所蔵品があり、充実した近現代コレクションの中でも(佐伯祐三)の油彩が有名です。 川端龍子は、地元、和歌山県和歌山市の(日本画)家です。 御三家のひとつである紀州徳川家が治める紀州藩の城下町として栄えた和歌山県和歌山市ならでは、徳川御三家、徳川吉宗の居城である和歌山城や、養翠園、歴史の古い観光資源も多くあります。 このように商家や(武家屋敷)も残っており、骨董品の買取では、(芝山細工)の(置物)や(仏手柑)が描かれた(文箱)、また茶道具の買取では、素晴らしい(伝世品)の(逸品)で、(青磁)の(花入)れの査定や買取もさせて頂きました。 和歌山市は、紀伊半島の入り口に位置し、関西国際空港からもアクセスが良く、東京や大阪、海外から訪れるビジネスマンや観光客も近年多くなりました。 和歌山ビッグホエールや和歌山ビッグウエーブ、和歌山市民球場など、文化施設も充実しており、若い世代の方々も多く住まわれている地域です。

その他和歌山県の地域

和歌山県は、近畿地方の南部、日本で一番大きな半島とも呼ばれる紀伊半島の南西部に位置する県です。 和歌山城や景勝地として知られる和歌浦といった観光地も多数あります。 紀伊水道や熊野灘といった太平洋に広く接していて、古くから漁業が盛んで、マグロやカツオ、ハモやウナギ、イセエビといった豊富な海産物の水揚げがあることでも知られています。 また太平洋岸には、すぐ近くを暖流である黒潮が流れていて、その恩恵もあって気候も年間を通して温暖な地域です。 その気候を生かして果樹をはじめとした農業も盛んで、有名なミカンをはじめ、はっさくといった柑橘類や、柿や山椒な梅なども栽培されています。 豊富な海産物や農産物が多い自然豊かな土地柄です。 このように古美術骨董品や茶道具よりも、和歌山県の地方では、(古道具)や(古美術工芸品)が多くあり、骨董品の買取では、手作りの(木味)の良い品物が多く、(茶托)や(煎茶盆)、また(線香筒)や(如意)等、また(置物)の(珍品)で(讃岐彫)りのような綺麗な作品の買取もさせて頂きました。 和歌山県美浜町は、面積では和歌山県の中でもで二番目に狭い町ですが、温暖な気候で住みよい町です。 太平洋に面する砂州海岸には、近畿最大の松林、煙樹ヶ浜があり、風光明媚な土地柄です。 和歌山県北山村は和歌山県でありながら三重県と奈良県に囲まれ、和歌山県のどの市町とも隣接しない日本唯一の飛び地の村で知られております。 9割が山林で、600年の歴史を持つ北山川観光筏下りが有名で、観光客の方々にも人気です。 和歌山県日高川町は紀伊半島の西側、和歌山県のほぼ中央部に位置する町です。 日高川町の北側には白馬山脈が連なっており、中央部を町名の由来にもなっている日高川が流れています。 大半が山林の地域で、主要産業は林業となっています。 果樹栽培を始めとする農業や川魚の養殖、観光業などに従事されているお宅が多いところです。

買取した品物のご紹介

骨董品買取で、飾金具の鷹を買取りました。 2018.04.26
茶道具買取

販売価格 25,000円
写真13枚掲載、ご覧下さい。
平成30年4月26日

福井県のお客様より来店頂き、飾り金具や刀装具を数点買取させて頂きました。
昔の職人技が素晴らしい飾り金具で、時代は江戸時代の作品だと思われます。
彫金細工が素晴らしい金工作品で、買取させて頂きました。
裏座金具も付いており、保存状態の良い金工作品です。

お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。

骨董品買取で、煎茶道具の高盛蒔絵の盆を買取りました。 2018.04.23
茶道具買取

販売価格 180,000円
写真16枚掲載、ご覧下さい。
平成30年4月23日

木製のお盆に高蒔絵が綺麗に丁寧に施され、が入っており、猩々斎と書かれています。
大正時代前後の作品で、共箱ではありません。
昔の職人技が素晴らしい煎茶盆です。
保存状態も良く、高価買取させて頂きました。

骨董品買取で、茶道具の銀瓶を買取りました。 2018.04.22
茶道具買取

販売価格 750,000円
写真32枚掲載、ご覧下さい。
平成30年4月22日

純銀の生駒製の銀瓶で、共箱が付いております。
時代は大正時代前後ですが、傷んでいる所も無く、綺麗な品物で保存状態の良い物です。
本体の底部に「純銀」と「生駒製」と刻印が入っております。
銀地の打出し模様が綺麗な品物で、このような作品は高価買取させて頂きます。

近年、純銀製品はアジア圏からの輸入品が多くみられますが、
当店では、日本の古い品物のみを販売しております。

骨董品買取で、伊万里焼の角皿を石川県のお客様より買取りました。 2018.04.21
茶道具買取

販売価格 10,000円
写真9枚掲載、ご覧下さい。
平成30年4月21日

簡単な伊万里焼ですが使いやすい角皿です。
江戸後期頃のものだと思われます。
保存状態も良く、傷・割れ等無く、完品です。
最近では、江戸後期や明治時代の伊万里焼を古伊万里と称して販売しておられる方がありますが、当店では江戸中期より以前の伊万里焼を古伊万里としています。

お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。

三重県のお客様の金工作品の刀装具です。 2018.04.17
n242

販売価格 80,000円
写真13枚掲載、ご覧下さい。
平成30年4月17日

骨董品買取で、買取させて頂いた鍔です。
三重県のお客様の鍔ですが、これで全てです。
このような江戸時代の金工作品の刀装具は珍しい作品で、昔の職人技が素晴らしい逸品です。
象嵌細工や彫金細工が現在では出来ない素晴らしい作品です。

以前の品物はこちら

骨董品買取 取り扱い一覧

買取について

小売価格をもとに買取価格を決定

当店は小売販売をしております。
卸売価格やオークション価格ではなく、小売価格をもとに買取価格を決定しておりますので、 高価に買取させていただけると考えております。

販売価格を提示して買取

買取の際には、実際に店頭で販売する価格をお客様に提示しております。
遠方のお客様よりお譲りいただいた品物は、
ホームページ上に価格を掲載いたします。

「遠方から」・「一品から」でもお気軽にご相談ください。

たとえ一品からでも、写真を当店にお送りいただき、
見積りの結果お譲りいただくこともよくあります。

品物の多い少ないに関わらず、お気軽にご相談ください。

まずは現状のままご相談ください。

一対で一組の品物、数点で一組の品物、伝来説明文や共箱等と離れてしまうと
価値が下がる品物も多くあります。

汚れや埃等はそのままで結構ですので、ご自分で整理や廃棄をされる前に、
当店までお気軽にご相談ください。

買取のご相談

当店には骨董品買取担当者がおります。
買取のご相談でご来店いただくお客様は、必ず、事前にお電話でご相談ください。

メールに古美術骨董品の画像を添付してお問い合わせいただく場合は、
yakata-@mb.infoweb.ne.jpまでお願いいたします。

見積り、買取、その際の出張費用はすべて無料でいたしております。
ただし、相続・贈与の際の評価価格査定は有料になります。ご了承ください。

『プライバシーポリシー』に表示しております様に、
創業以来お客様の個人情報の秘密厳守を第一として長年営業してまいりました。

当店では、お譲りいただいたお客様の信頼を何より大切にしたいと考えております。

和歌山県への出張買取について

和歌山県への出張買取

和歌山県は、
江戸時代、御三家のひとつ紀州徳川家の領地として栄えました。

和歌山県は古くから「木の国」と謳われるほど山林が多く、
高野山開基による仏教寺院や熊野三山などの神社信仰が
発達しました。

中世から近代にかけて紀ノ川沿岸を中心に大都市が形成され、
歴史的にも文化的にも発展しました。

そのような土地柄、和歌山県下には
多くの骨董品・古美術品が眠っております。

お茶道具や骨董品、古美術品のご売却・ご処分をお考えの
和歌山県のお客様は一度ご相談ください。

当店には古美術・骨董品・茶道具買取担当者がおります。
古美術・骨董品・茶道具のご処分をお考えの和歌山県のお客様は、
必ず、事前にお電話でご相談ください。

メールに骨董品の画像を添付して出張買取のお問い合わせをいただく場合は、
yakata-@mb.infoweb.ne.jpまでお願いいたします。

京都美術商協同組合会員
大阪美術商協同組合会員
鴨東古美術會会員
京都古書組合会員
東京古書組合会員

古美術やかた主人 敬白


骨董品高価買取を解説

竹籠高価買取を解説

竹製の茶箱、花籠、盛籠、竹編火鉢、竹編煎茶盆、小物入れ、竹芸茶合、唐物、竹根工芸品、その他竹芸作品などは、高価買取致します。ご相談ください。

特に大振りで、天然の竹や、太い古竹で編まれた昔の作品や、自然の竹の竹根を生かした荒々しい力強い仕上がりの作品等は高価買取できます。

竹籠買取例 竹籠花入 竹籠買取例 竹籠花入 竹籠買取例 竹籠火鉢

竹籠買取例 銘 作家別で言えば、初代田邊竹雲斎、飯塚琅王干斎(ろうかんさい)等が代表格です。
さらに、早川尚古斎、和田和一斎、前田竹房斎などの昔の先代が作った作品にも上記のような特長があり、高価買取対象になります。

また、時代を経てきた唐物(大陸より渡ってきた品物)や、味わいが見られる作品は、無名でも高価買取対象で、中には買取価格が百万円を超える品物もあります。

時代が新しくなるにつれて、古い竹材がなくなり、現代作家もいろいろな創意工夫をしております。

現代作家の作品は、趣きが変わり竹の編み方が面白く、非常に丁寧に細かく編まれた作品や味のある作品で、買取対象で、数万円から数十万円まで様々です。

作家別で言うと飯塚小王干斎(しょうかんさい)、小菅吼月、山本笙園、末村笙文、小菅小竹堂、長倉健一等の現代作家です。

一般の方には分かりにくい作品もあるかと思います。一度ご相談頂ければと思います。

煎茶道具高価買取を解説

古来、大陸より伝わった煎茶の文化、多種多様に幅広く日本にも残っております。
昔から唐物と言われ、大陸より伝わった品々は一般的に高価買取対象になる品物が多くあります。

焼き物(陶器)も、唐物が高価買取対象になっております。
また、日本の焼き物も、色絵や染付の細密で上品な昔の品物は高価に買取致します。

煎茶道具買取例 炭斗 煎茶道具買取例 炉扇 煎茶道具買取例 茶入

三浦竹泉や三浦竹軒は、煎茶道具の中でも有名作家です。

銀や錫で作られた作品も、一般的に、上記のように唐物と言われる大陸から渡った品物が高価買取対象になっております。
絵や文字が彫られた作品で、細密上品で味わいのある物は高価買取対象です。

煎茶道具買取例 茶合 彫金細工師や象嵌細工師が作った作品も同じで、中でも、秦蔵六の先代の作品は人気があります。
品物で言うと、茶合、茶托、茶入、瓶敷、火箸、涼炉、等々、様々な品物があり高価買取対象です。

竹芸作品も同じで、一般的に、上記のように唐物と言われる大陸から渡った品物が高価買取対象になっております。
中でも、古竹に模様の入った斑竹(はんちく)は有名で、高価買取対象です。

最近では日本の竹芸作品が人気で、初代田邊竹雲斎、飯塚琅かん斎の作品は高価買取対象になっております。
また、煎茶道具ではありませんが、昔に作られた味のある筆頭などは、百万円を超える品物もあります。
アジアからお越しのお客様には、昔の竹芸作品は非常に人気があります。

煎茶道具買取例 煎茶道具買取例

品物で言うと、如意や茶合から火鉢、竹籠まで様々な作品におよびます。
煎茶道具には、様々な道具があり、特に、昔の品物は素人判断せず、あきらめず当店にご相談ください。

根付高価買取を解説

根付には、大きく分けて、象牙の根付、骨製の根付、木彫の根付、中には金属の根付などがあります。
買取依頼で整理する際には、一見黒く、小さくゴミのように思う品物も数多く、ご注意ください。

江戸後期、古い印籠や根付には、蒔絵や象牙等が使用され、日本独自の職人技の冴える逸品や、細かい彫刻・蒔絵が施された素晴らしい作品が多く作られました。

根付買取例 根付買取例 根付買取例

根付買取例 銘 このような古い時代の作品は、特に高価買取させて頂きますが、偽物も多くあり、名前で判断できない品物も多くあります。
偽物や疑わしい作品の買取はお断りすることもあります。
銘が入っており、当店が本物と判断した作品は、高価買取させて頂きます。
ちなみに、現在当店で販売している懐玉斎正次の作品は、百万円を超える買取価格です。

また、どなたがご覧になっても細密で上品優雅で昔の希少な作品は、銘等が無くとも、高価買取対象です。

作家別では、明鶏斎法實、光廣、龍珪、寿玉、忠義、一旦、一貫、正直、亮長、豊昌ら幕末に活躍した名工の作品です。
明治になると根付は実用品ではなく美術品として欧米に輸出されるようになり、東谷、如藻、森田藻己、谷斎、石川光明、森川杜園、加納鉄哉らが名品を生み出しました。

骨董品の根付は世界の人々から、コレクションとして大変人気があります。
根付買取の依頼の際には、高価で買取できる作品も多数ありますので、是非一度当店にご相談ください。

印籠・蒔絵高価買取を解説

当初、印籠は旅の必需品で常備薬を持ち歩くための入れ物で、根付の下に帯からぶら提げていたのが、印籠です。

平和な時代が続いた江戸中期頃になると、印籠は粋な小道具となり、蒔絵や象牙、芝山蒔絵、彫金細工物、彫刻が素晴らしい作品が多くありました。

上記のような素晴らしい細密で上品な作家の作品は、日本の古美術、骨董品の代表として特別高価買取致します。

印籠・蒔絵買取例 印籠・蒔絵買取例 印籠・蒔絵買取例

下記の作家が特別に知られており、当店でも数十万円から百万円近くまで買取させて頂いた品物があります。
ホームページをご覧ください。

作家別では、下記の作家が有名で特別高価買取させて頂きますが、偽物も多くあり、名前で判断できない品物も多くあります。
当店では、偽物や疑わしい作品の買取はお断りすることもあります。
銘が入っており、当店が本物と判断した作品は、高価買取させて頂きます。

尾形光琳(琳派と呼ばれ、光琳蒔絵といわれる蒔絵の代表者、江戸時代の人)
小川破笠(破笠細工と呼ばれ、独特の様式を確立、江戸時代の人)
梶川家(代々徳川幕府のお抱え蒔絵師、江戸時代の人)
幸阿弥家(室町将軍家より代々続く名門蒔絵師)
古満家(代々徳川幕府のお抱え蒔絵師、江戸時代の人)
飯塚桃葉(蜂須賀家お抱えで、号を観松斉、江戸時代の人)
堆朱楊成(足利家より代々続き、徳川将軍御用達まで)
柴田是真(幕末~明治の絵師で漆芸の名人)

骨董品の印籠や蒔絵の品物の買取をお考えの方は是非一度ご相談ください。

刀装具(鍔・小柄)高価買取を解説

刀装具の中でも、布目象嵌や金銀象嵌、片切彫、毛彫り、魚子地(ななこじ)、高彫が素晴らしい作品は高価買取対象です。

材質は殆どが、鉄、銅、金、銀、真鍮等々の金属でできておりますが、 合金細工の朧銀(おぼろぎん)、赤銅(しゃくどう)、銀と銅の合金で四分一(しぶいち)もあり、形も円形や、角形や木瓜(もっこう)、障泥(あおり)などで出来たものもあります。

どなたが見ても丹精で綺麗な彫金細工や金銀象嵌の品物は、高価買取できる品物が多いです。
当店のホームページをご覧になり、参考にしてください。

鍔買取例     小柄買取例     目貫買取例    

刀装具の作家は、下記のような作家です。

後藤一乗(江戸~明治 ごとういちじょう)、石黒是美(江戸~明治 いしぐろこれよし)、
加納夏雄(江戸~明治 かのうなつお)、海野勝珉(明治~大正 うんのしょうみん)、
正阿弥勝義(江戸~明治 しょうあみかつよし)、大森英秀(江戸期 おおもりてるひで)、
大森英満(江戸後期 おおもりてるみつ)、石黒光明(江戸後期 いしぐろみつあき)、
石黒政寿(江戸後期 いしぐろまさとし)、橋本一至(江戸~明治 はしもといっし)、
菊岡光保(江戸後期 きくおかみつやす)、浜野直随(江戸後期 はまのなおゆき)、
伊藤正乗(江戸後期 いとうせいじょう)、鈴木美彦(明治~昭和 すずきよしひこ)、

骨董品の刀装具の買取をお考えでしたら是非一度、当店にご相談ください。

上記作家の作品の中でも、江戸末期ごろから明治にかけての有名作家の作品、後藤一乗、石黒是美、加納夏雄、海野勝珉、正阿弥勝義等は、骨董品買取の際に特別に高価買取でき、数百万円を超える品物も多くあります。

ただし、偽物も多くあり、名前で判断できない品物も多くあります。
当店では、偽物や疑わしい作品の買取はお断りすることもあります。
銘が入っており、当店が本物と判断した作品は、高価買取させて頂きます。

彫金細工・金工細工高価買取を解説

彫金細工、金工細工は、刀や刀装具、鎧兜(よろい、かぶと)から始まります。
しかしながら、明治9年の帯刀禁止令以降、刀装具の制作を生業としていた彫金家は、とても大変な時代を迎え、次々と廃業しました。
そのような危機的状況を救ったのは、万国博覧会でした。
万国博覧会に出品された品々は、欧米にはないカラフルな象嵌で各地で注目を浴びました。
彫金家の工夫と努力で日本古来の彫金細工の技が、明治期に花開いていきました。

彫金細工・金工細工買取例 彫金細工・金工細工買取例 彫金細工・金工細工買取例

彫金細工・金工細工買取例彫金技法は、主として「彫る技法」、「嵌める技法」、「打つ技法」があります。
彫金技法の種類では、毛彫り、打ち込み、鋤彫り、平象嵌、高肉象嵌、片切り彫り、等です。
色金材料では、純金、青金、火銅、赤銅、純銀、朧銀、四分一、黒四分一、白四分一等があります。
様々な技法が昔から伝えられ、他にはまねのできない日本の職人技を築き上げました。

根付買取例 銘 刀装具と同じ分野になり、作家も重なりますが、どなたが見ても丹精で綺麗な彫金細工や金銀象嵌の品物は、高価買取できる品物が多いです。
当店のホームページをご覧になり、参考にしてください。

作家別では、下記の作家です。

後藤一乗(江戸~明治 ごとういちじょう)、石黒是美(江戸~明治 いしぐろこれよし)、
加納夏雄(江戸~明治 かのうなつお)、海野勝珉(明治~大正 うんのしょうみん)、
正阿弥勝義(江戸~明治 しょうあみかつよし)、大森英秀(江戸期 おおもりてるひで)、
大森英満(江戸後期 おおもりてるみつ)、石黒光明(江戸後期 いしぐろみつあき)、
石黒政寿(江戸後期 いしぐろまさとし)、橋本一至(江戸~明治 はしもといっし)、
菊岡光保(江戸後期 きくおかみつやす)、浜野直随(江戸後期 はまのなおゆき)、
伊藤正乗(江戸後期 いとうせいじょう)、鈴木美彦(明治~昭和 すずきよしひこ)

彫金細工・金工細工買取例 正阿弥勝義
正阿弥勝義
彫金細工・金工細工買取例 正阿弥勝義
正阿弥勝義
彫金細工・金工細工買取例 石黒政近
石黒政近
彫金細工・金工細工買取例 海野美盛
海野美盛

骨董品の彫金細工・金工細工の買取をお考えでしたら、是非一度当店にご相談ください。

上記作家の作品の中でも、江戸末期ごろから明治にかけての有名作家の作品、後藤一乗、石黒是美、加納夏雄、海野勝珉、正阿弥勝義等は、骨董品買取の際に特別に高価買取でき、数百万円を超える品物も多くあります。

ただし、偽物も多くあり、名前で判断できない品物も多くあります。
当店では、偽物や疑わしい作品の買取はお断りすることもあります。
銘が入っており、当店が本物と判断した作品は、高価買取させて頂きます。

銀瓶高価買取を解説

銀瓶は、銀で出来たやかんのようなもので、鉄瓶と違い湯の味を変えないことから、茶道具として使われてきました。
昨今、アジアの方に非常に人気が高く、高価で買取できる品物が多くあります。
中でも特に、鉄と銀で作られた作品や、本体の部分に彫刻された作品は特別高価買取対象です。
作家別では、秦蔵六、北村静香、紹美栄祐、中川浄益、等は作品にもよりますが、高価買取対象です。
ホームページでは、価格を表示し写真をたくさん掲載しておりますので、参考にしてください。

銀瓶買取例 銀瓶買取例 銀瓶買取例

ただし、大きさやデザイン、また共箱があるなしで価格は変動します。
当店で、買取価格が数十万円から百万円を超える作品も多くあります。
骨董品の銀瓶の処分をお考えでしたら、貴金属の買取に出す前に、是非一度骨董店へご相談ください。

銀瓶買取例 銀瓶買取例 銀瓶買取例

価格については、当店のホームページを参考にしてください。

鉄瓶高価買取を解説

鉄瓶には、大きく分けますと、南部鉄瓶、京都や滋賀県で出来た鉄瓶があります。
南部鉄瓶は、量産され数多く出回っており価格は割安ですが、 一般的に、関西で作られた鉄瓶が高価買取できます。

鉄瓶買取例 鉄瓶買取例 鉄瓶買取例

関西の鉄瓶は、京都の龍文堂が最初で、初代秦蔵六や亀文堂も有名ですが、 両社とも、龍文堂で学び作られた会社です。
摘みが銀細工や彫金・象嵌細工の鉄瓶も高価買取できますし、 鉄瓶の本体に金銀象嵌や浮き出た文様のある鉄瓶、龍口や鉄砲口の鉄瓶も高価買取いたします。
摘みが翡翠の鉄瓶は特別高価買取致しております。

鉄瓶買取例 鉄瓶買取例 鉄瓶買取例

日本では、江戸の後期より鉄瓶を作りはじめました。
その後、何代か続き、明治から昭和時代に数多くの鉄瓶を製造、販売しておりましたが、最近、大陸で作られた偽物が多くなり、お買い求めのお客様が見分けがつきにくいので、3~4年前の価格よりずいぶん安価になりました。
しかし、亀文堂で、作品の蓋裏に「日本亀文」、胴裏に「家拙日本琵琶湖在東」と銘があったり、胴後部に「日本亀文」底面に「家拙日本琵琶湖之東」と在銘の作品で、 本体に金銀象嵌や浮き出た文様のある鉄瓶、龍口や鉄砲口の鉄瓶の中では、買取価格が百万円を超える品物もあります。

鎧兜高価買取を解説

鎧兜買取例 日本独自の文化、鎧兜や刀装具の多くは昔から作られてきました。
その中でも、鎧兜は多くの種類があります。

兜の部品は、大きく分けて兜鉢、前立、脇立等に分けられます。
また、鎧は簡単に分けて、胴、草摺、袖、籠手、手甲等々に分類されます。

どちらも、一般的に時代の古い作品や、手の込んだ細密な作りの作品、また、表面は漆塗や加工が施されており、なじみのない方には分かりにくいかと思いますが、地金が鉄の物が高価買取対象の物が多いです。

鎧兜買取例 鎧兜買取例 鎧兜買取例

作家名では、一番知られているのは、代々続いている明珍の作品で、高価買取対象です。
その他、細工や時代、また面白い形や、彫金細工・象嵌や作りによって価格は数百万円の物まで様々です。

茶道具高価買取を解説

宗匠の書付がある作品は、一般に高価買取できることが多いです。
書付とは、蓋の裏側に、表千家や裏千家などの宗匠の箱書があるもので、高価買取対象です。
一般的には、蓋裏に書付のある品物は、蓋表には何も書かれておりません。
家元の宗匠の書付では、表千家、裏千家の箱書が付いている品物が高価買取対象です。

表千家、裏千家の代々宗匠の書付の中でも、古い時代の宗匠の書付の作品は特別高価買取作品です。

茶道具買取例 茶道具買取例 茶道具買取例

千家十職の作品とは、
飛来一閑、永楽善五郎、黒田正玄、駒沢利斎、大西清右衛門、
奥村吉兵衛、土田友湖、中川浄益、中村宗哲、楽吉左衛門で、
これらの作品は、高価買取対象です。

また、その他にも、昔の焼き物(陶器)で、桃山時代の作品は特別高価買取対象品です。
中でも、井戸茶碗や御本茶碗は特別高価買取作品です。

茶道具買取例 茶道具買取例 茶道具買取例

中国美術高価買取を解説

当店が扱っている品物は、多種多様にわたっておりますが、唐物と言われ、昔に中国から輸入された品物や書画・軸を扱っております。
やはり、日本の骨董品と同じで、昔の時代の手の込んだ細密な作品が高価買取対象です。
中でも、官窯の作品などは非常に高価買取ができる作品です。
また、仏像や仏教美術の古い中国の品々は、特に高価買取対象作品です。

中国美術買取例 中国美術買取例 中国美術買取例

煎茶道具、文房具、珊瑚、香道具類、等々は、時代が古く繊細な作りの物は高価に買取しております。
作家別で言うと、書画・軸の呉昌碩や斉白石から始まり、作家名を挙げるときりがないですが、高価買取対象作品です。

中国美術買取例 中国美術買取例 中国美術買取例

ただし上記の品物は偽物も多く、名前や品物で判断できない場合も多くあります。
当店では、偽物や疑わしい作品の買取はお断りすることもあります。
当店が本物と判断した作品は、高価買取させて頂きます。

翡翠・珊瑚高価買取を解説

翡翠は、日本最古の宝石で、とても硬くて比重が高く、中国では、他の宝石よりも価値が高いとされています。
現在アジアの国々では、翡翠の人気が高まり、その中でも青々とした美しい竹を想像し、色の良い透明度の高い品物が特別高価買取商品です。
このように、色が良く、大きく、細工が細密な品物ほど高価買取対象になります。

珊瑚買取例 仏像   珊瑚買取例   翡翠買取例

珊瑚は、最近ニュースでも取り上げられておりますが、アジアの国々で非常に人気があります。
サンゴの赤い色は、ギリシャ神話やキリスト教でもイエス・キリストが流した血の色と考えられ、魔除けとして扱われるようになったのです。
アジアの国々では、血赤と呼ばれる赤サンゴの原木は現在では採取量も少なく希少価値で、最高級品として取り扱われています。

翡翠買取例   珊瑚買取例

このような血赤珊瑚も特別高価買取対象で、形が大きく、血赤ほど、高価買取商品です。
最近では、偽物も多く出回っており、判定が難しくなっております。

御道具高価買取を解説

これこそ、本当に数多くの種類があります。
簡単に分かりやすく表現しますと、昔、床の間で使われていた品々が骨董品、お道具と呼ばれていたように思われます。
日本の文化も、多くが大陸から伝わり、日本で大切に守られて来た骨董品は、現在アジアから来られるお客様に人気が有り、文化の伝わりが伺えます。
特殊な例ですが、香道具等は(香木を含む)高価買取対象で、その中でも、細密な細工の品物や香木は、特別高価買取でき、数百万円を超える品物も多くあります。

御道具買取例 急須 御道具買取例 香炉 御道具買取例 香合

最近では、文房具(昔のお習字で使う品々)も人気で、古い品物で細工の良い、細密な品物は、高価買取対象で買取価格が百万円を超える品物もあります。

彫金細工や金工細工、金銀象嵌の作品、香炉、花入れ、等々は日本の品物でも高価買取でき、明治、大正期の有名作家では百万円を超える特別高価買取商品もあります。

御道具買取例 釣香炉 御道具買取例 御道具買取例

また、品々を大別しますと、日本の鍋島の陶磁器の様に、官窯と民間で焼かれた伊万里焼、民窯に別れます。
アジアの国々で作られた品物も、官窯と民窯があり、官窯は寸分の狂いもなく細密丁寧で優雅な色調や作りで、数百万円を超える高価買取対象作品も多くあります。

陶芸作品だけでは無く、唐物には、あらゆる御道具に官、民、があり特別高価買取作品も数多く見られます。

もちろん一般的な御道具も高価買取させて頂きますので宜しくお願い致します。

日本画高価買取を解説

大きくわけて額装と掛軸がありますが、床の間も少なくなり掛軸は額装より安く評価されることが多いです。
また掛軸は、お茶の世界で使われる品物は比較的高価に買取できます。
絵画は大きさによっても価格が変わりますが、何日もかかって描かれた細密画と、短時間で簡単に描かれた絵では買取価格には大きな差があります。
そのような細密画の例として、日展等展覧会に出品された作品があり、そのような作品が特別高価買取対象です。

余談ながら、当店が位置している京都祇園には、「一見さんお断り」という古い風習があり、芸術の世界でもかなり有名で実力のある者しか遊ぶことができません。
我々骨董商の間でも、老舗と言われるお店の方々の昔からの言い伝えとして、「祇園には偽物は無い」と格言があります。
そんな祇園のなじみの料亭で、ふすまに墨で簡単な絵を大書し、飲み代の代わりにしたという豪傑もいたようで、今でも、そのようなふすまが祗園のお茶屋さんには残っており、当店でも買取したことがあります。
さすが千年も都が続いた京都、祗園ならではのお話ですね。

江戸期より昔の作品は別として、明治以降の作品は作家により買取価格は大きく変動します。
一般的に、下記の作品は高価買取できます。

ただし、偽物も多くあり、名前で判断できない品物も多くあります。
当店では、偽物や疑わしい作品の買取はお断りすることもあります。
当店が本物と判断した作品は、高価買取させて頂きます。

洋画高価買取を解説

芸術作品には一般的に、若い頃に描かれた作品と、晩年になり独自の手法や技法を手に付けられた作品があり、若描きと晩年作に大別されます。
同じ大きさでも価格は数倍も違うことがあり、晩年作の方が高価買取対象です。

日本画でも書いておりましたが、洋画も同じ事で、 余談ながら、当店が位置している京都祇園には、「一見さんお断り」という古い風習があり、芸術の世界でもかなり有名で実力のある者しか遊ぶことができません。
我々骨董商の間でも、老舗と言われるお店の方々の昔からの言い伝えとして、「祇園には偽物は無い」と格言があります。
そんな祇園のなじみの料亭で、ふすまに墨で簡単な絵を大書し、飲み代の代わりにしたという豪傑もいたようで、今でも、そのようなふすまが祗園のお茶屋さんには残っており、当店でも買取したことがあります。
さすが千年も都が続いた京都、祗園ならではのお話ですね。

骨董業界はこのような難しい世界で、古美術骨董品の買取依頼は専門の古美術骨董商に依頼されるのが無難だと思われます。

美術倶楽部での鑑定証が付いているものや下記の作家の作品は高価買取対象です。

ただし、偽物も多くあり、名前で判断できない品物も多くあります。
当店では、偽物や疑わしい作品の買取はお断りすることもあります。
当店が本物と判断した作品は、高価買取させて頂きます。

和歌山県出張買取に関するお問い合わせ

住所 京都市東山区大和大路通新門前上ル西之町197番地
TEL 075-533-1956
URL http://www.kyoto-yakata.net/
E-mail yakata-@mb.infoweb.ne.jp
定休日 月曜日・火曜日 ※ご予約の買取業務は定休日も行っております。
営業時間 AM11:00~PM6:00

和歌山県の下記の地域は、見積り無料で出張致します。

  • 有田川町
  • 有田市
  • 印南町
  • 岩出市
  • 海南市
  • かつらぎ町
  • 上富田町
  • 北山村
  • 紀の川市
  • 紀美野町
  • 串本町
  • 九度山町
  • 高野町
  • 古座川町
  • 御坊市
  • 白浜町
  • 新宮市
  • すさみ町
  • 太地町
  • 田辺市
  • 那智勝浦町
  • 橋本市
  • 日高川町
  • 日高町
  • 広川町
  • みなべ町
  • 美浜町
  • 湯浅町
  • 由良町
  • 和歌山市

出張買取地域について

買取は、日本全国より行っており、各地のお客様のご連絡をお待ちしております。
今まで当店が出張買取をさせていただいた地域をご紹介いたします。

西日本では、関西地方の大阪京都滋賀県奈良県和歌山県兵庫県から、中国四国地方の岡山県鳥取県島根県広島県山口県愛媛県香川県徳島県高知県九州その他の地域で出張買取いたします。

東日本では、東京をはじめ関東地方の、神奈川県主に横浜埼玉県千葉県北海道、東北地方の秋田県岩手県山形県宮城県福島県、東海地方の愛知県主に名古屋岐阜県静岡県三重県。中部北陸地方の新潟県富山県石川県福井県、その他の地域で出張買取いたします。

買取 取り扱い一覧

ご参考までに当店がこれまでに販売や買取させて頂いた品物の一部を紹介させて頂きます。

根付印籠銀瓶彫金細工・金工細工鉄瓶煎茶道具翡翠竹籠などのお品物、中国美術刀装具鍔・小柄・目貫など)をお買取りさせていただきました。

骨董品買取 取り扱い作家一覧

ご参考までに当店がこれまでに販売や買取させて頂いた作家の一部をご紹介させて頂きます。

家元


千家十職


陶芸


彫刻


彫金・金工


竹芸


その他


日本画 取り扱い作家一覧


洋画 取り扱い作家一覧


墨跡・古筆 取り扱い作家一覧


このページの先頭へ戻る

お問い合わせフォーム