金工作品の素晴らしい刀装具の鍔や小柄と目貫一対を買取りました。

販売価格 30,000円
写真11枚掲載、ご覧下さい。
令和元年6月11日

金工作品で素晴らしい象嵌細工や彫金細工が施された鍔や小柄、また目貫の買取をさせて頂きました。
やはり日本の金工作品のなかでも刀装具の鍔や小柄は素晴らしい伝統技術で、昔の職人技が冴える逸品が多くあります。
骨董品買取で、買わして頂いた目貫を紹介させて頂きます。
時代は江戸から明治にかけてのものだと思われます。
はありませんが、ご覧のように作の良い逸品です。
ぶ厚い金具で作られており、重量感があります。
採光の加減で白く光っておりますが、状態の良い品物です。

お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。
古美術やかたでは、お客様より買取りさせて頂いた品物を、価格を表示して、当店で店頭販売いたしております。
また同時に、ホームページにも、価格を表示して販売いたしております。
金工作品や刀装具の鍔や小柄を売却される折りには、古美術やかたにご相談下さいませ。

骨董品買取