一陽会

一陽会( いちようかい )

1955年に創立した美術団体。二科会を脱退した鈴木信太郎、高岡徳太郎、野間仁根を中心に結成された。絵画(洋画)部と彫刻部がある。

洋画、彫刻、版画の美術団体。1955年(昭和30)7月、二科会を退会した鈴木信太郎、高岡徳太郎、野間仁根(のまひとね)を中心に、同じく二科会を去った会員17名、会友7名により結成、同年9月東京・日本橋高島屋で第1回展を催した。以来毎年秋に公募展を開催、第4回展から会場は東京都美術館。未完成を恐れず新分野を確立するとの主張を掲げてきたが、近年厳格主義をとって真のプロ育成を会の方針としている。

一陽会は昭和30(1955)年7月に創立された。二科会を退会した鈴木信太郎、高岡徳太郎、野間仁根を中心とし、同じく二科会を退会した絵画12名、彫刻2名によって結成され、公募展(絵画・彫刻・版画)として発足した。その第1回展を同年9月に東京・日本橋高島屋において、また第4回展からは東京都美術館において、さらに平成19(2007)年の53回展より六本木の国立新美術館において、それぞれ開催してきた。現在では毎年約500点以上の作品が展示されている。