骨董品・御茶道具D-64花入お買い求め頂きました。

明治時代前後頃に作られた銅器の花入です。
桜の木の下で鴛鴦が気持ち良さそうに泳いでおり、
日本独自の図柄で、小品ですが、丁寧に綺麗な金銀象嵌が施されております。