骨董品、紹美栄祐 純銀製 銀瓶<共箱>

取手を含む高さ約 17cm 摘みまでの高さ約 13cm
注ぎ口を含む横幅約 14cm 重さ約 362g

材質は純銀製です。
作者の紹美栄祐(1839年~1900年) は、明治時代にシカゴ博覧会出展しており、
明治時代の日本の名工と言われた彫金細工師です。

胴や蓋には鎚目が施されており、大胆な手作り感を表現した楽しい逸品です。
摘みは翡翠でできております。

採光の加減で白く光っておりますが、
ご覧のように状態の良い品物です。

古美術やかたホームページ
骨董品 茶道具商品番号 D-34です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)