骨董品、古美術品、宮部篤良 金工細工 花入 <箱付>

横幅最大約 8.8cm 高さ約 21.7cm

材質は銅器でできており、
現在ではなかなか見られない、逸品です、
カマキリや蝶の金銀象嵌細工が素晴らしい作品です
江戸から明治にかけて活躍した、金工細工師 宮部篤良の作品です。

このような、作品を見ておりますと、昔の日本の職人技が、
いかに優れていたか、を思い知らされます、

いろいろな金属を混ぜ合わせ、象嵌細工が施されており、
それぞれの色は、銀や銅、金等の彫金細工で出来たもので、
表面に彩色したものではありません。

傷んでいるところも無く、状態の良い品物です。

古美術やかたホームページ
骨董品 茶道具商品番号 D-13です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)