煎茶道具、宮本製 純銀茶器 三点一組<共箱>

鉄瓶 取手を含む高さ約 18.8cm 摘みまでの高さ約 11cm
   注ぎ口を含む横幅約 16cm 重さ約 671g
急須 摘みまでの高さ約 10.2cm 取手を含む横幅約 15cm 
   注ぎ口を含む横幅約 11.8cm 重さ約 380g
茶托 直径約 11.5cm 重さ十二枚合計約 1293g

材質は純銀製です。
時代は昭和初期頃のものだと思われます。

急須の持ち手は、象牙でできております。
ご覧のように、周りには四季の草花の細密な彫金細工が施されております。

茶托は、全部で12枚あります。
一枚一枚、すべて絵替りで、四季の草花や昆虫の彫金細工が施されております。

霰の銀瓶の、霰部分はすべて手打ちです。
さすが皇室ご用達の宮本製で、非常に素晴らしい逸品です。

特別に注文され作られた作品で、大切に保存されてきました。
採光の加減で白く光っておりますが、未使用品で完品です。
この品物は、お客様よりの委託品です。

古美術やかたホームページ
骨董品 茶道具商品番号 D-08です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)