古美術、骨董品、銅器 象と虎 置物 <在銘>

横幅約 16cm 奥行約 11.5cm 高さ約 15.5cm

材質は銅器(ブロンズ)で、牙の部分は象牙でできております。
時代は明治から大正にかけてのものだと思われます。

丁寧で味わいのある職人技が冴える逸品で、躍動感のある力強い作品です。
非常にリアルで自然の厳しさを物語っています。
在銘ですが、作者については良く分かりません。

採光の加減で白く光っておりますが、ご覧のように状態の良い品物です。

古美術やかたホームページ
根付 金工細工商品番号 N-17です。
(このページは過去のブログの為、売却済みの場合映像がありません)