国画創作協会

国画創作協会( こくがそうさくきょうかい )

美術団体。大正7年(1918)日本画の土田麦僊(つちだばくせん)・村上華岳らが結成。同14年第二部(洋画)を新設、のち工芸・彫刻を加える。昭和3年(1928)解散。

1918年村上華岳、土田麦僊、小野竹喬ら京都の日本画家が結成した美術団体で、毎年東京と京都で展覧会を開いた。1926年梅原竜三郎、川島理一郎を加えて洋画部門を新設、第2部とし、日本画部を第1部とした。翌年富本憲吉、金子九平次を迎えて工芸部、彫刻部を置いたが、1928年解散。

美術団体。1918年(大正7)1月、文展の審査を不満とする京都の若手日本画家、小野竹喬、土田麦僊、村上華岳、野長瀬晩花、榊原紫峰によって結成された。しかし新団体結成の動きは気鋭の麦僊を中心にして大正の初めころからきざしており、竹喬、麦僊の文展落選がきっかけとなり実現をみたといえる。第1回展は発足の年の11月、東京の白木屋で開かれ、感覚と主観を重んじる彼らの表現は好評をもって迎えられた。このときの入選者に入江波光がおり、翌年同人になった。

美術団体。1916年(大正5)第11回文展の審査に対する不満を直接の動機として文展を離脱した京都の新鋭画家土田麦僊(ばくせん)、村上華岳(かがく)、小野竹喬(ちくきょう)、榊原紫峰(さかきばらしほう)に野長瀬晩花(のながせばんか)が加わり、翌17年竹内栖鳳(せいほう)、中井宗太郎を顧問に創始した日本画の在野団体。個性の尊重と近代的日本画の樹立を目ざし、同年11月第1回展を開催、国画賞受賞の入江波光(はこう)を同人に加え、以後東京と京都で展覧会を催し、大正期日本画壇に清新な刺激を与えた。
 1921~23年、同人渡欧のため展覧会は一時休止し、24年再開、26年には梅原龍三郎(りゅうざぶろう)、川島理一郎らを迎えて第二部(洋画)を、27年には富本憲吉、金子九平次(くへいじ)が入会して工芸部、彫刻部を設けたが、28年第7回展を最後に、第一部(日本画)は運営上の経済的事情を理由として解散した。なお第二部は存続、国画会と改称し現在に至っている。