釉裏紅

釉裏紅 ( ゆうりこう )

磁器の一つで、釉下に銅化合物で下絵付けをし、還元焼成で紅色に発色ものです。
中国元時代から始まり、完全に還元焔で焼成されると鮮明な紅色をあらわします。
焼き物の技法で、完成すると普通に描かれた作品とは違い、より鮮明で綺麗な模様が出来上がり、日本の茶人に人気があります。