遊印

遊印 ( ゆういん )

自分の名や号を彫った印ではなく、好みの辞句や成語を印象にして捺印することをいいます。
文人などが自分の書画の落款(らっかん)の下などに押します。