遊印

遊印 ( ゆういん )

自分の名や号を彫った印ではなく、好みの辞句や成語を印象にして捺印することをいいます。
文人などが自分の書画の落款(らっかん)の下などに押します。
本来、作品を書いたり、作ったりした所に署名や捺印をしますが、その捺印の事で自分の判子ではない、全然違う他の判子を押してある物で、一般的には自分の署名や印鑑を押した下に、全然別の判子をもう一度押されている場合が多くあります。