油滴

油滴 ( ゆてき )

中国宋時代に作られた天目茶碗の一つです。
黒地で、茶碗の内外に油の点滴に似た銀色の粒状の模様が現れています。
陶芸作品が作られる過程で窯の中で温度や自然釉により、そのような模様が作られ、日本の茶人に特別人気があり、有名になりました。
非常に綺麗な模様で、多くの人に愛され、素晴らしい逸品は重文や国宝となっております。