鎧兜

鎧兜 ( よろいかぶと )

鎧兜は多くの種類があります。
兜の部品は、大きく分けて兜鉢、前立、脇立等に分けられます。
また、鎧は簡単に分けて、胴、草摺、袖、籠手、手甲等々に分類されます。
作家名では、一番知られているのは、代々続いている明珍の作品です。
鎧は、甲冑のうち胴体に着装するものをさし、甲とも書く。
古くは籐や皮革のものが推定できるが、確実な資料は金属製になってからである。
板状のものを人体形につくり上げた板甲と、小片を綴り合せた札甲とに大別される。
時代、地域、用途などによって各種のものがある。
兜とは、武将が頭部を防護するためにかぶった武具。
頭を入れるところを鉢(はち)、その下に垂れて頸部(けいぶ)を覆う部分を錏(しころ)といい、鉄や革などで作る。

甲冑と同じ意味なので、甲冑の説明もさせて頂きます。
鎧兜と一口にいっても様々な形態があります。
時代によって大きな変遷を遂げています。
おおざっぱには大鎧・胴丸・腹巻・当世具足に分けることができます。
形式の違いはその時代の戦闘方法と関係しています。
例えば義経に代表される源平時代の騎馬による一騎打ちと、戦国時代以降の鉄砲を用いた集団戦ではおのずと適した鎧の形式は変わってきます。
後者の鎧は当世具足と呼ばれ、大鎧に比べると体の露出を少なくし、より機動性のある作りとなっています。
そういう変化を楽しむのも面白いものです。
甲冑の技術は、昔の日本古来の彫金細工で、日本の金工作品が世界でも人気があるのは、このような一つ一つの手仕事の素晴らしい細工が物語っています。
昔から伝わった技ですが、現在ではなかなか継承出来る技術者は少なく、日本の伝統技術も大変な時代になりました。
彫金細工や象嵌細工の技術を学び、いろいろな甲冑が作れる一人前の金工作家になり、独立できるのです。