窯変

窯変 ( ようへん )

焼成中に火焔の性質が変わって還元すべきところが酸化したり、あるいは灰が器に降りかかったりして、思わぬ釉色や釉の調子を呈すること。
天目茶碗の曜変・油滴・灰被などは、こうした窯変が一つの景色として賞美されたものです。