洋画

洋画( ようが )

西洋で発達した描画材料・技法によって描かれた絵画。油絵・水彩画・パステル画など。日本画に対していう。西洋画。

西洋で発達した描画材料・技法によって描かれた絵画。
油絵・水彩画・パステル画など。
日本画に対していう。
西洋画。

西洋絵画、西洋画の略。
欧米の絵画全般と、桃山時代以降に日本で西洋風の材質、表現法を用いて制作された絵画とをいうが、後者の場合に明治期以前のものを特に洋風画とよんで区別する。
一般に洋画とは、日本の明治期以後の主として油彩画を指している。

西洋画、あるいは伝統的表現様式に基づく日本画に対し、西洋的表現様式に基づく油彩、水彩などの総称。日本の洋画の展開は、ほぼ3期に分けられる。第1期はポルトガル人が薩摩の種子島に漂着した室町時代後期の天文 12 (1543) 年から、江戸時代中期の宝永5 (1708) 年頃まで。この期には、おもにキリスト教布教に伴う聖画像類や西洋風俗画類が油彩、岩絵具 (鉱物質の絵具) などで描かれた。キリシタン絵画あるいは南蛮絵 (第1期洋風画) とも呼ばれる。第2期は新井白石が『西洋紀聞』を著わした宝永6年から幕末までで、西洋画の迫真的写実が関心をひき、生活に役立つ科学的技術として学ばれた。画家として秋田の小田野直武、佐竹曙山、江戸の司馬江漢、亜欧堂田善、長崎の若杉五十八、荒木如元、川原慶賀らが知られており、西洋や日本の風俗、風景、静物などが油彩、岩絵具などで描かれた。蘭画あるいは紅毛画 (第2期洋風画) とも呼ばれる。第3期は明治1 (1868) 年以降現在までで、近代洋画という場合、第3期をさすことが多い。

西洋絵画、西洋画の略。欧米の絵画全般と、桃山時代以降に日本で西洋風の材質、表現法を用いて制作された絵画とをいうが、後者の場合に明治期以前のものを特に洋風画とよんで区別する。一般に洋画とは、日本の明治期以後の主として油彩画を指している。
明治以前の日本で西洋画法に基づいて描かれた絵画。南蛮屛風や長崎版画のように、西洋の人物や商船を主題としても、在来の伝統的画法によるものはこのなかに含まれない。