夜話

夜話 ( やわ )

夜話(やわ)とは、夜間にする談話。
また、それを書き記した本。
骨董夜話(こっとう やわ)は、日本の著名人が、1970年(昭和45年)から1978年(昭和53年)にかけて、平凡社の月刊誌『太陽』に連載した随筆の名称である。
1975年(昭和50年)に同社からそれまでの連載分をまとめた単行本が出版された。
七人の骨董好きで鳴る、第一級の著名人がつづる興味津々たる骨董談義。
掘り出し物とは何か。
手に入れたいきさつ、苦心談、自慢話。
平易な語り口のなかに覗く、ちょっぴり辛い骨董哲学など。

茶の湯の世界を簡単に骨董店から説明させて頂きます。
お抹茶の世界は、茶道の最初は、千利久から始まり、千宗旦の時代頃に裏千家、表千家、や三千家が作られていった。
また、小堀遠州を祖とする大名好みの豪華、唯美的な一流派、遠州流や
表千家 7代如心斎の門下の川上不白 (1716~1807) を祖とする茶道流派の一つ。
である江戸千家、等々、それぞれ流派の決まり事や、作法の違いや、特徴はありますが、大きく茶の湯、と解釈すると同じような目的や志が見えてきます。
お煎茶の世界も同じでいろいろの流派があり、それぞれの流派のお家元がおられ同じような事が言えるでしょう。
お茶の世界では、お軸は、禅語が好まれ、お茶室の正面に掛けられる一行書は一番大切なお軸です。現在の禅宗の僧や、昔の高僧、また歴代のそれぞれのお家元
が書かれたお軸も多く使われます。
お道具は、それぞれのお家元の書付のあるお道具や、お家元の自作のお道具、また歴代の昔のお家元の作品は一般的に高価に取引させています。
茶道具の一般的なお話ですが参考までに書かせて頂きました。