破袋

破袋 ( やぶれぶくろ )

古伊賀の水指(みずさし)の一種です。
下部が袋状に膨れていて、魚籠の形をしています。
窯変(ようへん)によっていく筋かの裂け目ができたところから呼ばれています。
一般的には自然に出来た形で、茶人が面白がり、付けた名前で、茶人に好まれている。