割高台

割高台 ( わりこうだい )

茶碗の高台の内側に、一か所ないし三、四か所に十文字などの溝を彫ったもので、高麗茶碗の割高台が有名です。
今では日本の陶芸作家の作品にも見られ、三輪休雪がよく使っている高台の作り方です。
この作家に限らず、日本でも昔の作品にも見られ、その他の現代作家の作品にも見られます。