椀 ( わん )

飯や汁物などを盛るための食器。
土製、金属製、木製、石製のものがある。
木製のものを木偏の椀、縄文、弥生土器、須恵器あるいは陶磁器製のものは石偏の碗、金属製のものには金偏の鋺の字を用いる。
複数用途に用いられる食器で汁物の料理以外でも用いられる。

平安時代から木地の上に漆を塗った朱色や黒色の漆器の椀が普及するようになったが、それ以前には土器や金属器も用いられた。
江戸時代中期から陶磁製の碗が、いわゆる瀬戸物、唐津物として一般化した。
用途によって茶碗、汁わん、飯わんなどの種類がある。