侘び茶

侘び茶( わびちゃ )

わび茶(侘茶、侘び茶)は、狭義には茶の湯の一様式。書院における豪華な茶の湯に対し、村田珠光以後、安土桃山時代に流行し、千利休が完成させた茶の湯で、簡素簡略の境地すなわち「わび」の精神を重んじたもの。また広義には、千利休系統の茶道全体を指す。

茶の湯の一。道具や調度の豪奢(ごうしゃ)を排して、簡素静寂な境地を重んじたもの。村田珠光が始め、武野紹鴎(たけのじょうおう)を経て千利休が大成。

茶の湯の一形態。村田珠光が興した草庵の茶に始まる、侘びを重んじる茶。武野紹鷗をへて、千利休により大成された。

「わび茶」という言葉が出来るのは江戸時代であり、村田珠光や千利休らが存命であった時代にはなかった。利休が生きていた安土桃山時代に「侘数寄」「わび数寄」という言葉がすでに見られるが(『山上宗二記』)、これはわび茶のことではなく「名物を持たぬ茶人」のことを指した。ただしわび茶という言葉がなかったからわび茶がなかったわけではなく、利休が追求した草庵の茶こそまさしく「わび茶」であった。
なお、江戸時代中期(元禄期)ごろ成立の『南方録』には「わび茶」と同義と思われる「侘茶湯」という語が見える。