上絵付

上絵付 ( うわえつけ )

陶磁器制作の技法の一つ。
うわぐすりをつけて本焼きした器物の表面に、さらに赤・緑・黄などの彩釉(さいゆう)を用いて絵や文様を描きつけ、これをふたたび窯に入れて焼きあげること。
最初に仮焼きした素地にもう一度上薬をかけ、より綺麗な模様を描く技法。

上絵付は釉薬を掛けて本焼きをした後に描き、その後焼き付ける為に低温で焼成します。その為、温度に耐えられる絵の具は多く、色鮮やかで自由な絵を描くことが出来ます。
逆に、下絵付は釉薬を掛けて焼成する前に色や絵をつけるので、細かい繊細な絵を描くことが難しく、高温の本焼きに耐えられる絵の具は限られる為、色鮮やかな絵を描くことが出来ません。

一般の説明とは違い骨董品業界の場合は、特殊な言い方や表現があり戸惑われる方もおられますが、昔からの習慣や慣例に基づき続いている古い業界なので、大きく物事をとらえて頂き、骨董品や茶道具を連想して考えて頂ければ、と思います。