現川焼

現川焼 ( うつつがわやき )

現在の長崎市現川町で、江戸時代に焼かれた陶器のことです。
その作品は鉄分の多い茶褐色の器肌が特徴であり、白土を用いた刷毛目(はけめ)と加飾が施され、皿・鉢・向付(むこうづけ)が中心です。
元禄5年から約50年間続いて廃業し、明治時代になって再興、現在、佐世保市の横石臥牛窯で復興されています。
このように日本各地で個性豊かな焼物がありましたが、需要が少なくなり、現在では廃業されている窯元が多くあります。
現川焼の場合は、先に述べたように今では地元の復興の為、再現されようとしています。