裏千家

裏千家 ( うらせんけ )

茶道千家の家系、三千家の一つ。
千宗旦が不審庵を江岑 (こうしん) 宗左に譲り、茶室今日庵を建ててしばらく住んでいたが、さらに又隠 (ゆういん) に移り,今日庵を江岑の弟の仙叟宗室に譲った。
今日庵は不審庵の庭続き北裏にあったので裏千家といわれた。
現在では完全に分離している。
1世利休、2世少庵、3世宗旦、4世宗室以降、現在まで継承されている。
庵号を今日庵という。

茶道の一流派。
千利休の孫宗旦の四男仙叟せんそう宗室が利休の四世を称したのに始まる。
宗室が父から譲られた茶室今日庵が、表千家の裏にあたるのでこの名がある。
裏。

今日庵とともに裏千家を代表する茶室。
京都上京の裏千家邸内に所在。

裏千家は、茶道流派の一つ。
「裏千家」の語は、家元とその家族らで構成される宗家を指すことも、「一般財団法人今日庵」などの法人組織を指すことも、弟子・門下生を含む流派組織を指すこともある。
茶道諸流派中最大の流派である。