裏箔

裏箔 ( うらはく )

絵絹の裏から金・銀の箔をあてることです。
金色や銀色の光沢が柔らかな感じになります。