雲堂手

雲堂手 ( うんどうで )

中国明時代の染付磁器のことで、景徳鎮の民窯で作られました。
染付の水指や茶碗などに雲と楼閣の絵付けのある香炉や火入の類です。
染付の絵を見れば分かりますが、実際、明時代の品物は現在では少なく、なかなか見かけることはありません。