馬の目皿

馬の目皿 ( うまのめざら )

渦巻文様のある大皿や大鉢のことで、その文様が馬の目に似ていることから呼ばれました。
瀬戸で18世紀中頃から焼成された日用雑器で盛んに焼かれましたが、明治のはじめにほとんど途絶えました。
お皿の中央辺りに細長い円が馬の目のように簡単に描かれた瀬戸焼のお皿。
柔らかい土味で、皿の内側や縁に沿うように鉄絵で渦巻き模様が大胆に描かれています。

大正時代、民芸品志向の運動によって再び脚光を浴び、現在でも瀬戸で盛んに作られています。