馬の目皿

馬の目皿 ( うまのめざら )

渦巻文様のある大皿や大鉢のことで、その文様が馬の目に似ていることから呼ばれました。
瀬戸で18世紀中頃から焼成された日曜雑器で盛んに焼かれましたが、明治のはじめにほとんど途絶えました。