馬の目皿

馬の目皿 ( うまのめざら )

渦巻文様のある大皿や大鉢のことで、その文様が馬の目に似ていることから呼ばれました。
瀬戸で18世紀中頃から焼成された日用雑器で盛んに焼かれましたが、明治のはじめにほとんど途絶えました。
お皿の中央辺りに細長い円が馬の目のように簡単に描かれた瀬戸焼のお皿。
柔らかい土味で、皿の内側や縁に沿うように鉄絵で渦巻き模様が大胆に描かれています。
一枚一枚手描きで描かれているので、一つとして同じものは無く、力強い作品で、古民芸コレクターの方達にも非常に人気がありました。

大正時代、柳宗悦が提唱した民芸品志向の運動によって再び脚光を浴び、現在でも瀬戸で盛んに作られています。

一般の説明とは違い骨董品業界の場合は、特殊な言い方や表現があり戸惑われる方もおられますが、昔からの習慣や慣例に基づき続いている古い業界なので、大きく物事をとらえて頂き、骨董品や茶道具を連想して考えて頂ければ、と思います。