浮牡丹

浮牡丹 ( うきぼたん )

中国宋時代から明時代の作品によく見られます。
青磁などの香炉や水指に多く見られ、牡丹唐草などの貼付文様をそもそも浮牡丹と呼びました。
今は牡丹の文様に限らないで、ほかの浮き文様のこともこう呼びます。