蹲 ( うずくまる )

伊賀や信楽などの小壺のことで、背が低くその様子が人が蹲(うずくま)ったような形に見えることから この名称が付けられました。
元来は、農家の日用品でしたが、茶人が好みで花生などに用いて使われるようになりました。