蹲 ( うずくまる )

伊賀や信楽などの小壺のことで、底は大きめで口縁に厚みのあるものが多く、背が低いその様子が、人が蹲(うずくま)ったような形に見えることから この名称が付けられました。
元来は、農家の日用品でしたが、茶人が好んで掛花入れなどに用いて使われるようになりました。
簡単に説明すると、ひしゃげた花瓶のような形で、失敗作のように見える形、しかし釉薬が素晴らしく、また形がいかにも面白い品物は、高価に販売されます。

古信楽や古伊賀のものが特に有名ですが、備前や唐津にも蹲の小壺が伝世しています。