蹲 ( うずくまる )

伊賀焼や信楽焼などの小壺のことで、底は大きめで口縁に厚みのあるものが多く、背が低いその様子が、人が蹲(うずくま)ったような形に見えることから この名称が付けられました。
底には 「下駄印(げたいん)」と呼ばれる、下駄の歯のように見える凹凸が見られる作品もあります。

元来は、農家の日用品として使用されていましたが、金具を付けて、茶人が好んで掛花入れなどに用いて使われるようになりました。
簡単に説明すると、ひしゃげた花瓶のような形で、一見失敗作のように見えます。
しかし釉薬が素晴らしく景色の良い品物、また形がいかにも面白い品物は、高価に販売されます。

古信楽や古伊賀のものが特に有名ですが、備前焼や唐津焼にも蹲の小壺が伝世しています。

一般の説明とは違い骨董品業界の場合は、特殊な言い方や表現があり戸惑われる方もおられますが、昔からの習慣や慣例に基づき続いている古い業界なので、大きく物事をとらえて頂き、骨董品や茶道具を連想して考えて頂ければ、と思います。