辻が花染

辻が花染 ( つじがはなぞめ )

絞り染めで輪郭をつくり、その中に藍、紫、墨などの色を用いて花や鳥をぼかしの技法をとり入れて描いたもの。
なかには金銀の摺り箔をほどこしてあるものもあります。室町時代から桃山時代に流行した日本的な染色法です。