堆朱

堆朱 ( ついしゅ )

彫漆の一種で、朱漆を何層にも塗り重ね、これに文様を浮彫したもの。
代々足利将軍につかえ、のち徳川家の用命も受けた堆朱楊成が名工として知られています。
この技法は何回も塗り重ねる為、時間もかかり、後で削り、模様を浮彫した際に削られた部分が何層にも綺麗に表現され、
堆朱の細やかな技法には、現在でも人気があり、高値で売買されています。