伝統

伝統 ( でんとう )

ある民族・社会・集団の中で、思想・風俗・習慣・様式・技術・しきたりなど、規範的なものとして古くから受け継がれてきた事柄。
また、それらを受け伝えること。

ある集団・社会において、歴史的に形成・蓄積され、世代をこえて受け継がれた精神的・文化的遺産や慣習。

あるものを他に伝える、または与えることで、一般に思想、芸術、社会的慣習、技術などの人類の文化の様式や態度のうちで、歴史を通じて後代に伝えられ、受継がれていくものをいう。
またある個人または集団、時代などの特性が受継がれていく場合をいうこともある。
しかし形式のみが伝えられる場合は伝承と呼び、伝統とは区別して考えられることが多い。
この意味から M.シェーラーは様式化された伝統を死んだ伝統とし、様式化せずに精神的態度のなかに流れているものを真の伝統と呼んだ。