東山焼

東山焼 ( とうざんやき )

兵庫県姫路市東山の磁器のことです。
文政年間に窯が築かれ、のち酒井家の御用窯となり、1831年には男山に移窯されました。
作品は、染付や青磁が主で、「東山」「姫路焼」の銘が入っています。