唐筆

唐筆(中国筆)( とうひつ )

中国美術においては、実用性だけでなく装飾性も追求されてきました。
湖筆が最も名高いとされています。
筆にはいろいろな細工が施された筆や、また先の毛にはいろいろな種類があります。
そんな中でも、王室や王朝で作られた昔の品々は官製と言われ、ち密に作られ人気があり、高価に売買されています。