斗々屋

斗々屋 ( ととや )

高麗茶碗の一種で、「魚屋」とも書きます。
赤土に青がかった釉がかかっており、轆轤目(ろくろめ)が大変細かいのが特徴です。
千利休が堺の町の魚屋で見出したことに由来すると言われており、茶碗と言えば 斗々屋を連想するほど有名です。