共シール

共シール ( ともしーる )

作品を収める箱には、普通箱書(作家名、作品名、印)が施されている。箱に入らない額装の作品に対しては、箱書に相当する事項を書いた紙片を額の裏に貼る。この紙片がシール。
箱書やシール記入を作家自身が行った場合、その作品は「共箱」または「共シール」であると呼ばれる。
それは、作家自身による真作保証がなされていることを意味する。
作家の弟子や遺族が真贋を鑑定して、箱書やシール記入を代行することもある。
鑑定人次第で共箱・共シールに匹敵する真作保証ともなる。
ただ、信用性の高い箱及びシールは時に独り歩きして、贋作の「真作保証」に転用されてしまう事もある。箱やシール自体の贋物も多い。

「共シール」とは主に日本画の額装された作品に用いられる、その作家が制作したという証のようなものです。
作品画面への落款、もしくは落款+サインと、「共シール」の内容が揃っていることで、本物と判断されます。
なぜ「共」か、それは作品の裏と、その作品が入っている額の裏に同じものを添付しているからです。