東京美術学校

東京美術学校( とうきょうびじゅつがっこう )

東京芸術大学美術学部の前身。 1885年文部省に設置された図画取調掛と工部大学校内工部美術部を基礎にして 87年に改称、改組して設立。初代校長は岡倉覚三 (天心)、教授のなかには E.フェノロサもいた。美術界の中心的存在として発展し、人材の育成に貢献した。
昭和24年(1949)東京芸術大学に統合。

フェノロサが主宰する鑑画会に加わって新しい日本絵画の創造を唱導し、美術運動の指導者としての地歩も築いた。86年、東京美術学校設立を準備する図画取調掛の主幹を命じられ、フェノロサらと欧米を視察した。翌年帰国して東京美術学校幹事に就任。

1887年(明治20)創立された官立美術学校。二代目校長に岡倉天心がいる。
1949年(昭和24)東京音楽学校と合併、東京芸術大学(美術学部)となる。