常滑焼

常滑焼 ( とこなめやき )

常滑市およびその付近から産する陶磁器。
平安後期ごろから自然釉(しぜんゆう)のかかった壺・甕(かめ)などが焼かれ、江戸後期には朱泥(しゅでい)などの焼成とともに茶陶器類を産して活況を呈した。
今日では日用品・工業用品なども焼いている。
とこなべやき。

愛知県常滑市に産する陶器。
平安・鎌倉頃に始まるといわれ、初め自然釉しぜんゆう焼き締めの壺などを焼いたが、のち土管で有名になった。
また、朱泥の陶器でも知られる。

愛知県常滑市を中心とし、その周辺を含む知多半島内で焼かれる炻器。
日本六古窯の一つ。
江戸時代中期から明治には、上村白鴎、杉江寿門、松下三光、森下杢二郎、伊藤董斎らの名工が出、白泥焼、朱泥焼、黒泥焼、火色焼、火襷 (ひだすき) 、南蛮焼などの技法が考案され、茶器、酒器の小品を大量に生産した。
現在は土管、タイル・モザイク、衛生陶器、植木鉢、朱泥急須などが多く生産されている。