研出蒔絵

研出蒔絵 ( とぎだしまきえ )

絵漆で絵を描いた上に金銀粉などを蒔きつけ、乾燥後透漆ないし黒漆を塗り、さらに十分乾いたのち木炭で文様を研ぎ出し摺漆を施したもの。
蒔絵の中では最も早くから行なわれた技法で、ことに平安時代に盛んに行なわれました。