陶芸家

陶芸家 ( とうげいか )

陶芸を生業とする者を指す。陶工とも呼ばれる。

日本の主な陶芸家
田中長次郎 ?-1589年 千利休の時代、楽焼創始、初代樂吉左衛門
本阿弥光悦 1558年 – 1637年
酒井田柿右衛門(初代) 1596年 – 1666年
野々村仁清 生没年不明 (17世紀)
尾形乾山 1663年 – 1743年 尾形光琳の弟
沼波弄山 1718年 – 1777年 本名「五左衛門重長」、萬古焼創始
清水六兵衛 1738年 – 1799年 初代 清水六兵衛
奥田頴川(えいせん) 1753年 – 1811年
青木木米 1767年 – 1833年
仁阿弥道八 1782年/1783年? – 1855年 二代高橋道八
永樂保全 1795年 – 1854年 十一代善五郎
森有節 1807年 – 1882年 本名「与五左衛門」
宮川香山 1842年 – 1916年
伊東陶山 1846年 – 1920年
加藤友太郎 1851年 – 1916年
諏訪蘇山 1852年 – 1922年
永樂妙全 1852年 – 1927年
板谷波山 1872年 – 1963年 陶芸家として初の文化勲章受章者
清水六和 1875年 – 1959年 五代目清水六兵衛
川喜田半泥子 1878年 – 1963年
北大路魯山人 1883年 – 1959年 書家
大野鈍阿 1885年 – 1951年
富本憲吉 1886年 – 1963年 第一回重要無形文化財保持者、文化勲章受章者
佐野栄山 1889年 – 1978年
河井寛次郎 1890年 – 1966年
河村蜻山 1890年 – 1967年
石黒宗麿 1893年 – 1968年
加藤幸兵衛 1893年 – 1982年 幸兵衛窯の礎を築く。加藤卓男の父
加藤十右衛門 1894年 – 1974年 美濃大平の陶祖加藤景豊(加藤五郎衛門景豊)の流れをくむ。八坂窯創始者
濱田庄司 1894年 – 1978年 日本民藝館第2代館長 重要無形文化財保持者、文化勲章受章者
川瀬竹春(初代) 1894年 – 1983年
荒川豊蔵 1894年 – 1985年 重要無形文化財保持者、文化勲章受章者
中里無庵 1895年 – 1985年 十二代 中里太郎右衛門
三輪休和 1895年 – 1981年 萩焼・十代休雪 重要無形文化財保持者
金重陶陽 1896年 – 1967年 重要無形文化財保持者
今泉今右衛門(十二代) 1897年 – 1975年
楠部彌弌 1897年 – 1984年
中里末太郎 陽山 1897年 – 1991年
加藤唐九郎 1898年 – 1985年
藤原啓 1899年 – 1983年 重要無形文化財保持者
船木道忠 1900年 – 1963年
加藤土師萌 1900年 – 1968年 重要無形文化財保持者
小山富士夫 1900年 – 1975年
清水六兵衛(六代) 1901年 – 1980年
伊勢崎陽山 1902年 – 1961年
澤田痴陶人 1902年 – 1977年
近藤悠三 1902年 – 1985年 重要無形文化財保持者
村田陶苑(初代) 1905年 – 2002年
酒井田柿右衛門(十三代) 1906年 – 1982年
山本陶秀 1906年 – 1994年
合田好道 1910年 – 2000年
三輪壽雪 1910年 – 十一代休雪 重要無形文化財保持者
金城次郎 1912年 – 2004年 重要無形文化財保持者
浅蔵五十吉 1913年 – 1998年
中村六郎 1914年 – 2004年 伝統工芸士
吉賀大眉 1915年 – 1991年
坂田泥華 (十三代)天耳庵 1915年 – 2010年 2004年に長男の慶造が早世の為15代坂田泥華を追贈し14代坂田泥珠と号す
加藤卓男 1917年 – 2005年 重要無形文化財保持者
藤本能道 1919年 – 1992年 重要無形文化財保持者
島岡達三 1919年 – 2007年 重要無形文化財保持者
月形那比古 1923年 – 2006年
川瀬竹春(二代) 1923年 – 2007年
中里太郎右衛門(十三代) 1923年 – 2009年
浅野陽 1923年 – 1997年 元東京芸術大学教授
山田常山(三代) 山田稔 1924年 – 2005年 重要無形文化財保持者
田原陶兵衛(十二代) 1925年 – 1991年
鈴木治 1926年 – 2001年 前衛陶芸家グループ走泥社設立メンバー 十四代今泉今右衛門の師
今泉今右衛門(十三代) 1926年 – 2001年 重要無形文化財保持者
清水卯一 1926年 – 2004年 重要無形文化財保持者
松井康成 1927年 – 2003年 重要無形文化財保持者
辻清明 1927年 – 2008年(辻脇 (辻清明の妻) 1930年 – 2008年(女性で初の日本陶磁協会賞受賞)
大樋長左衛門 1927年 – 文化勲章受章者
井上萬二 1929年 – 重要無形文化財保持者
中里重利 1930年 –
會田雄亮 1931年 –
藤原雄 1932年 – 2001年 藤原啓の息子 重要無形文化財保持者
松井晴山 1932年 –
徳田八十吉(三代) 1933年 – 2009年 重要無形文化財保持者
三浦小平二 1933年 – 2006年 重要無形文化財保持者
三浦竹泉(五代) 1934年 - 
酒井田柿右衛門 (十四代) 1934年 –
伊勢崎淳 1936年 重要無形文化財保持者
小川哲男 1937年 –
細川護熙 1938年 – 元首相・政治家、細川家十八代当主。辻村史朗の弟子
安倍安人 1938年 –
則松金蔵 1946年 –
野崎遊河童 1947年 –
島田文雄 1948年 – 東京芸術大学教授
前田正博 1948年 –
佐伯守美 1949年 –
坂高麗左衛門(十二代) 1949年 – 2004年
樂吉左衛門(十五代) 1949年 –
尾形香三夫 1949年 –
内藤六郎 1950年 –
豊福誠 1953年 – 東京芸術大学教授
大樋年雄 1958年 –
西岡小十 大正6年ー平成18年 唐津市
和太守卑良 1944年 – 2008年
沈壽官 – 島津氏によって薩摩に連れられた朝鮮人陶工の名跡(当代は15代目)