飛青磁

飛青磁 ( とびせいじ )

器面に鉄斑を施し、その上から青磁釉をかけて焼きあげ、赤褐色の鉄斑の模様を飛ばしているものをいいます。
元時代の龍泉窯で多く制作されました。
青磁の陶磁器で、鉄釉のような赤褐色の模様があちらこちらに飛んだように描かれている模様で、日本人には人気の模様です。