砥部焼

砥部焼 ( とべやき )

愛媛県伊予郡砥部町を中心としてその近隣で焼かれる陶磁器。
大洲 (おおず) 藩主加藤泰侯が家臣加藤三郎兵衛に命じて、陶工杉野丈助に安永4 (1775) 年築窯させたのを創始とする説、麻生村の門田金治が同年に杉野丈助に築窯させたのを始りとする説、元文年間 (36~41) 以前にすでに陶器が焼かれていたとする説などがある。
しかし,安永6年に初めて磁器の焼成に成功したという点では一致している。
文化文政期が最盛期で、近くの川登の川底や,高野川などからとれる良質の磁石や釉石を原料とした。
江戸時代には主として染付の日用雑器、明治初年からは上質の白磁が焼かれるようになった。
現在では三十数窯の窯元があり、茶陶、食器、花器、タイルにいたるまで各種の陶磁器を生産している。

愛媛県伊予郡砥部町およびその付近から産する磁器。
18世紀前半の開窯。
初め日用陶器を焼いていたが、その後、改良を重ね、白磁や染め付け・色絵などを焼成。

愛媛県砥部町付近で作られる焼物。
1775年加藤三郎兵衛が開窯し、1777年に磁器焼成に成功した。
以後釉石の発見、磁質の改良があり白磁、色絵磁器などを生産。
明治になって向井和平が淡黄磁器を創製した。

四国地方、愛媛県の地域ブランド。
伊予郡砥部町・伊予郡松前町・松山市で製作されている。
江戸時代の1777(安永6)年、杉野丈助が白磁器の製造を成功させたことに始まる。
藩政期から戦前にかけて地場産業として発展した。
清楚な白磁の肌に溶け込んだ呉須絵の趣が特徴的。愛媛県伝統的特産品。