沈金

沈金 ( ちんきん )

花塗した面に模様を線彫りし、そこに金箔を付着させて金線の文様を表わしたもの。
中国では宋代より盛んに行なわれて鎗金と称され、日本では輪島産のものが有名です。
普通の蒔絵と違い、柔らかい感じが出る技法で、沈んだ蒔絵が素晴らしい技法です。