天龍寺青磁

天龍寺青磁 ( てんりゅうじせいじ )

中国龍泉窯で元から明時代にかけて作られた青磁で、釉色がやや沈んだ暗緑色の青磁のことです。
その名は、京都の天竜寺にこの手の青磁の香炉があったからとも言われています。
青磁と一言に言っても多くの種類があり、百聞は一見に如かずで、見て感じて初めて分かるのが中国青磁の特徴で、口では言えない素晴らしさがあります。
この為、日本の茶人や芸術愛好家に特に好まれているのが、天龍寺青磁です。