帝展

帝展 ( ていてん )

「帝国美術院展覧会」の略。
帝国美術院が主催した官展。
文部省美術展覧会(文展)の後身として、大正8年(1919)から毎年開催された。
昭和12年(1937)、帝国美術院の廃止にともない再び文展となり、昭和21年(1946)に日本美術展覧会(日展)と改称。

明治末期から昭和戦前期にかけて存在した官設公募美術展。
フランスで毎年開催されたサロンに倣って生まれたもので、1907年に文部省美術展覧会(通称・文展)として始まった。
19年に文部省管轄下の帝国美術院展覧会(帝展)に改まった。
文展・帝展は、戦前までの日本において最も注目を集める美術展として、美術の大衆への普及に大きな役割を果たした。
また一方で、そうした権威の存在は、14年に結成された二科会をはじめとする、反文展・反帝展を掲げた在野の諸美術団体やさまざまな美術運動が生まれる契機になったといえる。